データ解析

【天皇賞(春)2018展望と登録馬寸評】ズブくなったシュヴァルグランに反撃する力はあるのか?

2018年4月29日(日) 3回京都4日目
天皇賞(春)(G1)オープン芝3200m(国)(指) 定量

スポンサーリンク


今年は、何が来てもおかしくないメンバー構成になりそうですね

特にシュヴァルグランの巻き返しがあるかどうか?ここが非常に気になります。

この記事では、各馬の寸評とシュヴァルグランの取扱について書いていきます。

 

登録馬

アルバート 牡7
カレンミロティック セ10
ガンコ 牡5
クリンチャー 牡4
サトノクロニクル 牡4
シホウ 牡7
シュヴァルグラン 牡6
スマートレイアー 牝8
ソールインパクト 牡6
チェスナットコート 牡4
トウシンモンステラ 牡8
トミケンスラーヴァ 牡8
トーセンバジル 牡6
ピンポン 牡8
ミッキーロケット 牡5
ヤマカツライデン 牡6
レインボーライン 牡5

シュヴァルグラン

「もう買いたくね~や!」というのが本音。

前走が叩き台だったとしても、あれだけ負けておいて「いや、実は、ここが目標だったので全然問題ないですよ」とかって言われるほうが怖いわ。

個人的には、6歳になって、ズブさが出て来たんじゃないかと思うし、今回は、脚質的に似たような馬が数頭いるから、先行につけるには、少し荷が重いんじゃないかな。

枠順にもよるけど、ズブくなると前につけるのもひと苦労だと思うしね。

 

ただし、強いのは強い。

特に天皇賞春のような持久力戦だと秀でた物を持っていると思うから、気軽に軽視するのもどうかと思う。

これまでの脚質から見ても、先行して、前がバテて後退していく馬を横目にスタミナに物を言わせてそのまま持ち続ける感じが、この馬の良さでもあり、それしか無いのも事実だと思う。

あくまで軸では無く、今回は様子を見る形で紐がいいんじゃないかと思う。

もっと突っ込んで言えば、過去成績を追いかけるより、他のこれからの馬に期待したいな。

 

レインボーライン

つくづく思うんだけど、この馬は、ほんとに距離幅の広い馬だなと。3歳は、1600mを主戦にNHKマイルが3着。初の2000m以上だったダービーでは、勝ち馬からコンマ7秒差の8着。初の古馬との対戦である札幌記念でも3着。そして菊花賞で2着。

昨年の天皇賞春は、位置取りの問題で、あの位置からじゃ届かないのも無理もないかなと。

そして、圧巻だったのが前走の阪神大賞典。

自身最高馬体重での1着。しかも最速上がり。自分から動いていっての上がりだから強かった。

で、1番注目したいのが、その位置取り。

これまでの位置取りより、けっこう前での競馬。これは天皇賞春に向けての良いスタートが切れたと思う。

あとは、枠順次第。

 

スポンサーリンク

クリンチャー

前走の敗因が調整不足だったとしたら、大一番のここが目標になっているわけで、期待をしてしまいがちだけど、これまでの戦績を紐解いて見ると、そうもいかないのでは?という見解。

初の2000m以上だった皐月賞が4着。そして、ダービーが1秒以上の惨敗。続くセントライト記念も1秒以上の惨敗。

そして1番のポイントなのが不良馬場だった菊花賞での2着。

個人的に思うのは、もしかしたら、この馬の適性距離は、2200mまでじゃないかなと。

菊花賞は、荒れた馬場を味方につけたクリンチャーのスタミナが持ったというより、他の馬のスタミナが思ったよりも消耗したためではないかと。

でなければ、ミドルでもスローにより近いミドルで先行しながら3着になった阪神大賞典の敗因に納得出来るなと思ったわけです。

それに、京都記念は、重馬場だったことも考えると、ますます、距離が不安ではないだろうか?そう思ってしまうんですが、どうでしょうか?

 

ガンコ

ガンコ様。日経賞はありがとうございました。おかげで美味い馬券となりました。感謝御礼申し上げます。

松本調教師のコメントが面白すぎて、毎回笑ってしまっていたんですが、陣営も認めるほどの成長力を出しています。

特に前走の日経賞は、強い勝ち方で、途中からハナを奪われる形になりながらも動じなかったガンコと騎手が一枚上手だった。あれで、この馬の強さが本物だと言うことがわかったレースでしたね。

今回、脚質的に1番有利じゃないかと思っています。昨年の再現が見られるかもしれませんね。逃げるヤマカツをガンコが2番手で追走しながら、最後は、そのスタミナで押しきる。

個人的には、マイネルキッツと被ります。

期待の1頭です。

 

レインボーラインと一緒に飛んで来そうな穴馬

前走は、内目をこじ開けるように伸びてきた同馬。馬込みもぜんぜん平気でその根性が素晴らしかった。

上がり馬で挑んだ前走が初重賞レースとは思えないレース運びで、騎手のファインプレーも光った。この馬を紐馬として推奨していた前走の理由に、騎手✕距離適性✕脚質というのが大きかったです。

今回もその有利な脚質と位置取りで、追い比べに持ち込べば、馬券対象になる可能性も十分にあります。

個人的に買い目には絶対入れる穴馬⇒ 最強競馬ブログランキング (現在36位です)

 

とりあえず、上位人気になるであろう馬の現時点での評価を書きました。

他馬に関しては、随時、公開していきます。