無料予想

【札幌記念2018予想注目出走馬の分析や評価】海外帰りより地力馬を狙う

古馬G1戦線に向けて大事な一戦となる札幌記念2018です。各陣営の政治的な側面も出来るところは考慮しながら各馬の分析や評価を紹介していきます。

スポンサーリンク

札幌記念2018予想注目出走馬の分析や評価

マカヒキ

牡5歳 調教師:友道康夫(栗東)

父:ディープインパクト 母:ウィキウィキ 母の父:フレンチデピュティ

距離成績
1000m~1300m0-0-0-0
1400m~1600m0-0-0-0
1700m~2000m3-1-0-3
2100m~2400m1-0-1-1
2500m~0-0-0-0

血統背景から見ると、洋芝適正を感じられる血統で距離も2000mがベスト距離。これまでの実績を考えれば馬券になってもおかしくない存在ですが、軽い骨折明けの馬体がどこまで走れる状態になっているのか?叩いて本番へ向かう公算があるのか?この辺を見極めないと手が出せないのは確かだと思います。

本番への感触を掴むためのルメール騎手への乗り替わりのだと思いますのでここは見送りか紐までかなと思います。

スポンサーリンク

モズカッチャン

牝4歳 調教師:鮫島一歩(栗東)

父:ハービンジャー 母:サイトディーラー 母の父:キングカメハメハ

距離成績
1000m~1300m0-0-0-0
1400m~1600m0-0-0-0
1700m~2000m3-0-2-2
2100m~2400m1-1-0-1
2500m~0-0-0-0
脚質成績
逃げ0-0-0-0
先行3-1-2-1
差し1-0-0-2
追い込み0-0-0-0

個人的に一番むずかしい馬がモズカッチャン。オークス2着、秋華賞3着と勝ち切れなかったが、初めて他世代の馬と対戦したエリザベス女王杯で1着と実績では上位クラス。距離もローズSから秋華賞の流れを見る限りでは2000mがむしろベストかなと思います。

ただ、ネックなのが海外遠征帰り明け初戦という部分。歴代のG1ホースでも海外遠征帰り初戦のレースでは凡走を繰り返すか、その後のレースがイマイチなレースが多く、この馬じたいも、その点への影響が少なからずあってもおかしくないだけに、今回は紐扱いが懸命かなと思っています。

ここで勝つようなら本当に強い馬。自身初の単勝1番人気になった時の走りに注目。仮に単勝1番人気以外になれば、もしかしたらもしかする走りをするかもしれない。ほんと、見極めが難しい馬ですね。

スポンサーリンク

ミッキースワロー

牡4歳 調教師:菊沢隆徳(美浦)

父:トーセンホマレボシ 母:マドレボニータ 母の父:ジャングルポケット

レース間隔成績
連闘0-0-0-0
中1週1-0-0-0
中2週0-0-0-0
中3週0-0-0-1
中4週1-0-0-1
中5週~中9週1-0-0-1
中10週~中25週0-1-1-0
半年以上・新馬0-0-0-1
季節成績
1月~3月1-1-0-1
4月~6月1-0-0-2
7月~9月1-0-1-0
10月~12月0-0-0-1

中19週の間隔は問題なく、この季節でのレースは3着内率100%。このメンバーなら一番適した軸馬といっても過言ではないですね。前走は出負けをした分、後ろに下げての後方策から追い上げてコンマ5秒差なら悲観する内容どころか、外を回してきた不利を考えれば、強かった内容です。ここでも勝負出来る馬だと思いますが、すべては騎手しだいでしょうか。

後ろに下げすぎると届かないコースですから騎手の手腕によるところが大きいでしょう。横山典騎手はハマれば来ますが、ハマらないと来ない両極端な一面も持っていますから、少しむずかしい部分もありますね。騎手が違うなら狙いやすい馬だと思います。

サングレーザー

牡4歳 調教師:浅見秀一(栗東)

父:ディープインパクト 母:マンティスハント 母の父:Deputy Minister

季節成績
1月~3月0-0-0-1
4月~6月2-1-0-1
7月~9月3-0-1-0
10月~12月1-0-3-1
脚質成績
逃げ0-0-0-0
先行1-1-2-2
差し3-0-2-1
距離成績
1000m~1300m0-0-0-0
1400m~1600m5-1-4-2
1700m~2000m1-0-0-1
2000mまでなら守備範囲だと思いますので不安は感じませんが、前走のような流れになった場合、福永騎手が流れに乗せるのか?あくまで後方待機策に出るのか?それで着順も変わってくると思います。前走は切れ味が鈍り5着の結果も流れについていき道中で脚を使った可能性もあります。ここ2走の位置取りが9番以内追走をしていますので今後の中距離路線を睨んでの位置取りかな?と深読みもしながら、このメンバーなら軸馬として狙いたい1頭ですね。

脚質の並びにもよりますがメンバー的にそこまで速くならないと思っています。だとすると外枠を引いてほしいですね。

スポンサーリンク

マイスタイル

牡4歳 調教師:昆貢(栗東)

父:ハーツクライ 母:ファーストナイナー 母の父:フォーティナイナー

脚質成績
逃げ2-1-0-1
先行2-1-0-3
差し0-0-1-1
追い込み0-0-0-1
距離成績
1000m~1300m0-0-0-0
1400m~1600m1-0-1-1
1700m~2000m3-2-0-2
2100m~2400m0-0-0-2
2500m~0-0-0-1

今年に入ってから条件クラスを連勝してのG2挑戦となりますが春先3歳時の昨年は逃げが有利なコースだとしても弥生賞で2着、日本ダービーで4着と世代トップクラスと渡り合った実績を持つ同馬。逃げ馬ですが先行でも結果を残せているだけにマルターズアポジーが逃げてその後ろをスムーズに追走出来れば、小回り札幌ですから馬券対象になる可能性も十分に考えられます。

逃げに執着しなければ展開の利が受けれそうな感じに見えます。また、ダービーが逃げてコンマ3秒差の4着。並の馬ではないでしょうね。

札幌記念2018予想注目出走馬の分析や評価まとめ

海外遠征帰り明け初戦VS地力馬の構図で、本当に面白い一戦となりそうですね。過去10年の単勝1番人気が馬券になったレースでの脚質のほとんどが『先行』となっており、過去10年で海外遠征帰り明け初戦で馬券になったのが2012年ダークシャドウ2着のみの成績。

いろいろと頭を駆け巡りますが、単勝1番人気の馬券率が高い以上、当日のオッズを確認しながら単勝1番人気を切るのか?軸にするのか?ヒモにするのか?しっかりと思案したいのと、海外遠征帰り明け初戦組の体調面もしっかりと確認したいですね。

札幌記念2018のデータ解析と推奨馬を以下の記事で紹介しています。是非確認してみてください♪

あわせて読みたい
【札幌記念2018予想データ解析】サングレーザーの巻き返しが濃厚な舞台この記事では、札幌記念2018予想のデータ解析や予想オッズ、出走予定馬の紹介をします。札幌芝2000mの傾向としては先行馬が有利ですがペ...

現在、最強競馬ブログランキングと人気競馬ブログランキングに参加しており、推奨馬や予想馬をご覧いただく場合は下記の各ランキングをクリックしていただくと推奨馬や予想馬が確認出来るようになっています。馬名は各ランキングのサイトタイトル近くに掲載しています。

[最強]競馬ブログランキングへ

人気競馬ブログランキングへ

また、1日1回の応援クリックもお願いしております。ランキングが上がると記事を更新する際の励みになります。

よろしくお願い致します