無料予想

【札幌記念2018予想】マカヒキを喰らう2頭の差し馬が軸馬

脚質の並びをからペースを予測するとハイペースになるかなと言う見立てです。札幌記念はハイペースよりもスローペースからミドルペースのほうが差し馬の活躍が目立つレースです。上位人気馬の脚質が自在性のある差し馬が多く、また難解なレースになることは必須ですね。それでは、札幌記念2018の予想を紹介していきます。

スポンサーリンク

札幌記念2018予想

スポンサーリンク

最強競馬ブログランキング

正直、この枠順だとかなり不利になる可能性が高いことを前置きした上で軸馬に指定しますね。

このメンバー構成でこの人気オッズなら狙っていく価値がさらに上昇した感じです。距離も血統背景からして十分に持つと思います。実績も申し分なく、マイラー筋では収まらない形に見えて仕方がありませんね。札幌も2勝をしていますからコースも問題ありません。むしろ歓迎の口です。ただ、枠順ですよね。

この枠なら前に行きたくなくても前目の位置取りに自然となってしまう可能性もあります。そうなると前走同様、溜めて切れるタイプの馬ですから不発の恐れもあります。また、後ろに下げたとしても、最後の直線では内か中を突いてくることになると思いますので捌けるかどうか?ここも気になるなるところです。

上手くポケットに収まれば馬券率もグンッと上がりますのでスタート直後ですべてが決まりそうです。

個人的には、この馬は2000mでこそ弾ける馬だと思っていますので、このまま軸馬に指定します。

スタートしてすぐにこの馬が来るかどうかがわかるくらい大事な位置取り。騎手の手腕に期待したいです。

サクラアンプルール

昨年の札幌記念のあとはG1が2連戦ということもあり少し荷が重かったでしょうか、1秒以上の大敗でしたが今年に入ってからはすべてコンマ2秒以内の安定した走り。前走は、昨年より着順を上げて来ている点を見ても、晩成充実期に入っているかもしれません。

脚質の並びで見ると最高の枠順で、前走函館記念や昨年の札幌記念と同様の位置取りを確保出来そうです。そうなるとこの馬の持ち味が十分に発揮されると思います。サングレーザーとサクラアンプールも6番手~8番手以内を追走出来れば勝機は十分にあると思っています。

サングレーザーが馬群から抜け出せずにいるなら、この馬が連に絡んでくるという2刀流ですね。抜け出せたら、サングレーザーが一枚上という感じです。

人気の盲点。騎手の乗り替わりが上手く転んでくれるかどうか

ミッキースワロー

枠順の利を活かせて外を伸びてくるイメージ。実力馬。

モズカッチャン

海外帰りを買う予定はなかったですが切るに切れない女王

スズカデヴィアス

いつ走るかわからない馬ですが今年のレース内容が充実している点。G3を主戦としていますがG2でも2着の成績があるように決して弱い馬ではないです。個人的には函館記念組から1頭は馬券になると思っていますので、この馬にも期待したいですね。

脚質の並びでいくと、一番外から差せやすい枠順

ゴーフォザサミット

日本ダービーではマカヒキと同じタイムで7着。札幌で好騎乗が光る蛯名騎手が鞍上なら狙い目は十分にありますね。

マカヒキ

ぜんぜん強いでしょうし、ここでも1番人気になるくらいですからね~。強いのでしょう。ただ、昨年は1勝も出来ずに終わり、連対すら出来ていない結果を個人的にはこの先も厳しいかなあと思って見ています。ピークは去ったかなと。ただ、負けていても僅差ですから巻き返しも十分にあると思いますので、一応のヒモで。

札幌記念過去10年の中でも最高の3枠。馬に走る気があるかどうか。陣営が本気で取りに来るのかどうか?

札幌記念2018予想 馬券

軸馬 最強競馬ブログランキング

サングレーザー、サクラアンプール

ヒモ馬 ミッキースワロー、モズカッチャン、ゴーフォザミット、マカヒキ、スズカデヴィアス

馬連2頭軸から5頭へ 計10点

馬連軸縦目1点

計11点

札幌記念2018予想 レース回顧

スタートしてスッと下げれたサングレーザー。道中は上手くポケットに入り込んで淡々と好位追走の競馬。最高の出だしでした。ただ、4コーナーを回って直線を向いた瞬間に諦めたんですよね。

前が開かないな、、、これ。

いやあ、もう終わったと思ったんですが、ここから凄かったですね。パトロールビデオを確認したら、残り100mくらいのところで前がポッカリと開いたんですが、その瞬間ですね。間髪入れずに突っ込んでいきました。内外から挟まれながらも突き抜けたことにより両サイドの馬が弾け飛びましたね(笑)

騎手の上手さも光りましたし、馬もそうとう我慢強いなと。福永騎手のゴーサインはまさにそのポッカリ開いた瞬間でしたから、その判断も紙一重でした。

いやあ、良いものを見せてもらいました。

2着に入ったマカヒキは弱い馬ではなかったということ。道中もスムーズに競馬が出来ていましたし。ただ、差して先頭にたった瞬間にルメール騎手が追うのをやめた感じがしましたので、最後はその差かなと。本番はこの馬が一枚上にいるかもしれませんね。

で、モズカッチャンですよね。このレースで一番強い競馬をしたのは、この馬だと思います。最後の追い比べでの位置取りがスムーズなら1着も普通にあったと思います。薄々と感じていた「本当は強い馬じゃないのか?」から「この馬は本物だな」に変わった瞬間でもありましたね。

あと、海外遠征帰り初戦でこれだけのパフォーマンスが出来た馬ということは、ただ単純に強い馬だけではないと思います。

馬場状態が稍重の発表でしたから本当の意味での強さの加減はわかりにくいですが今日のこの3頭のうちの1頭は、間違いなく本番で絡んで来るでしょうね。

 

現在、最強競馬ブログランキングと人気競馬ブログランキングに参加しており、推奨馬や予想馬をご覧いただく場合は、下記の各ランキングをクリックしていただくと推奨馬や予想馬が確認出来るようになっています。馬名は各ランキングのサイトタイトル近くに掲載しています。

[最強]競馬ブログランキングへ

人気競馬ブログランキングへ

また、1日1回の応援クリックもお願いしております。ランキングが上がると記事を更新する際の励みになります。

よろしくお願い致します。