無料予想

【安田記念2018予想】前崩れの総崩れで差し馬、追い込み馬2頭が強襲予定

安田記念も面白いメンバーが揃いましたね。上位人気は、初マイルのスワーブリチャードを筆頭にマイル連覇を狙うペルシアンナイトが2番手。前走マイラーズC優勝のサングレーザー。そして悲願の初タイトルを狙うリスグラシュー。

好メンバーが揃った一戦です。

個人的には、全馬にチャンスがあると思っていますので、展開面有利を十分に加味しながら、週中でもお伝えした「調子の良さ」を読み取れる馬を狙っていきます。

と、その前に、読み物としてスワーブリチャードについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

スワーブ陣営の腹積もりとは?(想像的な感じで)

まあ、陣営と話していないのでアレですが、宝塚記念では無くここに向かったのには、2つの理由があると思います。ひとつは、先を見据えた種牡馬としての評価を上げるための出走、もうひとつは、マイルに出るならこの4歳のうちに。と言うのがあると思います。

ここで仮に優勝したら、それだけで種牡馬としての評価が格段に上がると思います。単純にタイトルが1つ増えたからではなく、「1600mから」というのが大きい。彼には、競走馬の人生と種牡馬としての人生の2つが用意されています。種牡馬として成功するには、適正距離の幅を広げられることに越したことはありません。これがひとつめ。

2つ目がどうせ出るなら4歳のうちに出ることに越したことは無い点。もっと言えば、今回のメンバー構成を考えた時に勝負出来る算段が付いたと思います。5歳になれば、ズブさも出てきますし、前半3Fのラップについていけなくなる可能性が大きい。それなら、今年のこのメンバーのうちに出走して、ワンチャンを獲りに行くほうが、断然良いと。宝塚記念は5歳でも挑戦出来るし、宝塚記念を連覇するよりは、仮に2着3着だったとしても、それだけで種牡馬としての評価や価値も上がるってことです。

まあ、結局は、種牡馬の価値なんでしょうけど。

今回、ここで負けても「適正距離の問題」で片付けることが出来ますし、勝てば種牡馬としての評価もあがる。

彼には、陣営には、出ない理由より出る理由のほうが遥かにメリットがあるということでしょうね。

ただ、これが馬券に直結する理由になるかどうかは別の話しかなと。

スポンサーリンク

枠順による有利不利

(出典:https://www.keibalab.jp)

まずは、1番最悪な枠に入ったのが青枠で囲った1枠3頭。この枠順がどうこうでは無く、枠順に入った脚質の並びが最悪で、スタートがあまり良くないスワーブリチャードや差し、追い込みのサトノアレスはオレンジで囲った先行勢に前をカットされやすく、追い出すタイミングや追い出した後の不利が1度ならず2度くらいは平気でありそうな並び。正直、サトノアレスを軸にしようと思っていたが、ここは思案のやり直し。

逆に1番良い枠に入ったのが赤で囲った5枠2頭。この枠順の脚質の並びで言えば、1番最高の並びかなと。人気の無いレッドファルクスにモズアスコット辺りが枠順の有利を活かせるレース運びと展開なら普通に勝ち負けになってもおかしくない枠順。

そして、もうひとつの赤枠、6枠7枠勢。差し馬は最後の直線で不利を受けにくい外を周る利があれば、先行勢は、3~4列目を確保しやすくなる。

最後にオレンジで囲った枠。大外に入ったウインガニオンが飛ばす展開の中、先行勢といっても好位中断から先行を意識して流す馬が釣られて上がっていきそうで、最終的には脚が止まる恐れがある。

逆に言えば、4番6番8番が釣られることなく、淡々と好位を追走出来れば、最終コーナー入り口には良いポジションで迎えられそうなだが。

本命

枠順の脚質入りを見た時点で、どうしてもここから行きたくなりました。冒頭では「状態の良い馬」を選ぶことを話しましたが、この馬自身の状態は良いと判断しています。前走は騎手の判断で取りこぼす形になりましたが、実質、そこまで体を仕上げてなかったのではないかと。馬体重も増で出走していますし、放牧明け4戦目のここが1番走りやすいかと思っています。本来ならば、マイラーズCのあとにここを大目標にしたかったはずですがね。

実績も申し分なく、人気の無いここは鞍上も気軽に乗れるでしょうし、馬券を組み立てる私も色々とやりやすいですから(笑)

高速馬場だとしたら、最後はこの馬が切れてくるはずですし、今回はそこまで後ろに下げないと思いますので1番良い形で競馬が出来ると思っています。

◎⇒最強人気ブログランキング(現在42位前後です)

 

対抗

データで行くと、この馬が上位に来る。素直にこの馬を本命にしたかったが枠順の都合で対抗へ。前走の走りでこの枠順に入った場合の位置取りはある程度掴めているだろうし、前走3着の原因が枠順であるならば、しっかりと修正もしてくるはず。また、鞍上は、天皇賞春でも見せたようにインを突かせば、しっかりと持って来ている腕があるだけに期待も出来る。美浦所属騎手で、これだけ経験豊富な騎手も心強い。ダービーの雪辱はここで。

○⇒中央競馬ブログランキング(現在82位前後)

スポンサーリンク

スワーブリチャード

蓋を開ければ強かったという感じになりそうな1頭。ここが京都マイルなら話しが変わって来ると思いますが、ここは東京コース。マイル以上のスタミナとスピードが無いと勝ち負け出来ない。スタートがイマイチで、必然と後ろに下がる可能性もあるが、それでも枠順を活かして6番手くらいには付けれそう。スピードとスタミナがいる馬場が底辺にある絶対条件ならば、この馬もしっかりと走れても、なんら不思議ではない。

△1

レッドファルクス

隠れ東京巧者。前走は危ない人気馬としてお伝えしましたが、ここでは、十分に走れそう。1200mのイメージが強いが1600mでもしっかりと走れる。今回の東京コースでこその馬。

△2

サングレーザー

△3

リスグラシュー 軸馬候補だったが、体調面、仕上がり面で割引。ただ、前走が強くて、体調面が良ければ、ここでも勝ち負けしてもいいはず。

△4

ブラックムーン

△5

ペルシアンナイト

△6

キャンベルジュニア

△7

ヒーズインラブ

 

買い目

◎ー○馬連1点

◎○ー▲△1△2△3△4△5△6△7 馬連16点

◎計17点