【日本ダービー2018予想】展開理論で有利な馬と3F上がり重視で決めた軸馬2頭

第85回 東京優駿(日本ダービー) GI
2018年5月27日(日)15時40分発走予定
東京競馬場 第10レース 芝2400m フルゲート18頭
1着賞金:2億円 2着:8000万円 3着:5000万円 4着:3000万円 5着:2000万円

東京12R目黒記念は無料メルマガで無料予想を公開します。

脳内化学反応を起こすために伊藤園の「ごくごく飲める青汁」を飲んでやりました。人生初の青汁なんですけど、意外と飲めました。「ごくごく飲める」のキャッチフレーズにウソはありませんでしたね(笑)

とにかく例年には類を見ない、過去データに当てはまらない馬達が上位人気を独占している状況に、個人的には「荒れる要素が満載やんけ~!」と思いつつ、「いやいや、スマートに予想をしようよ」と言う声も聞こえながら、科学反応を起こしたであろう脳内で「グルングルン」とデータをかき混ぜながら、展開を読みながら、出た答えがまさかのあの馬。

どう展開を読んでも、内枠に入った時点で、1番差せやすく、距離損を防げる。また、こういった馬に限って、前がポッカリと開いたりする。

正直、こういった馬を軸にしたくないのが本音。上手く馬人生を良いところだけ走ってきたような感じで、苦労して、トライアルレースを戦って来た馬に「君!失礼じゃないか!」って本気で思ってしまうわ(笑)

だから優勝はしてほしくないけど、馬券を獲るなら、この馬は外せない。感情と予想は切り離す。これは、オークスで学んだんだよ(笑)

スポンサーリンク

本命

展開利に尽きる本命馬。内枠でグッと我慢して、ペースが遅ければマクる可能性もあるし、もしかしたら、そこまで下げることをしないかも知れない。とにもかくにも「切れ味」が半端ない。全走で3F上がり1位で、尚且、すべて2000m以上でのもの。前走は明らかに絞れていない、体が出来ていない状況で5着。しかも最速上がり。そこに、大外を回しながらの5着は、大したものだと思う。

本来、この手のタイプは、軸馬にしたくないが馬券を獲るためには、この馬は外せない。

最強競馬ブログランキング(30位前後です)

対抗

枠順さえ、もっと内目なら本命を打っていた同馬。過去のレースはすべてセンスのある強い内容で、ダービーを取れるようなイメージをずっと抱いていた。データ的に見ても文句なく、本命馬とは枠順の違いで対抗にしましたが、皐月賞は展開不向きの中、3F上がり最速で4着は、立派だったとしか言いようが無い。

以前にも書いたシャープさを持っている馬ならこの馬だろう。今回は、外目から進出するわけだが、「ドンッ」と構えて、最後の直線で存在感を存分に出してほしい。もしくは、馬場がどよめく、大歓声が起こるようなマクリで最後の直線を向いてほしい。

中央競馬ブログランキング(66位前後です)

スポンサーリンク

▲単穴

ジェネラーレウーノ

控えても、粘り強いスタミナで、大崩は無いはず。展開ひとつで上位も十分にありえる。

△1

グレイル

実は、皐月賞で大きな不利を受けたのはこの馬。前が塞がり、そこから立ち直しての最速。虎視眈々と狙っているはず。

△2

エポカドーロ

先行力はメンバーの中でもトップクラス。この馬を書い忘れると「やっぱりな」と言うニアンス。現時点での世代クラスでは降臨中を忘れてはならない。

△3

ジャンダルム

どうしても紐に入れておきたい1頭。トライアル組を買うなら、この馬を買いたい

△4

ステイフーリッシュ

トライアル組で云いつ馬券に入れた。レースセンスもさることながら、早くからG1で戦える下地は出来ており、トライアル組の中では1番買いたい馬。

△5

ダノンプレミアム

ここまでの予想をしておいて、この馬が来たら悲惨。連に絡んだ時は諦めれるような馬券の組み立てではない所から、最後にこの馬を紐に。キタノと絡めば、トリガミになるが、ここは、最終的な保険。

△6

ブラストワンピース

買いたくない馬、パート2。抑え。大型馬がどこまで仕上がり、どこまで動けるかが鍵。

買い方&まとめ

◎ー○ 馬連1点

◎○ー▲△△△△△△ 馬連14点

皐月賞を3F上がり最速で差して来た、負けて強しの3頭に、先行力豊な2頭。データ、展開等々を考えての結論。

最後まで迷ったブラストワンピースは見送ることにした。これこそ、来たら仕方がない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする