無料予想

【オークス2018予想】やっぱりアーモンドアイもラッキーライラックも軸馬には出来なかった

個人的に調べる中での過去10年のデータのみで行くとアーモンドアイでは無く、ラッキーライラックが軸になってくる。ただ、個人的には、この距離は長いと思っているので、どうも歯切れが悪い。

少し、素直になってもう一度、前走の桜花賞を確認してみると、1枠1番と言う、ストレスのかかる枠と馬番から、これしか無いという位置取りでレースを勧める中、厳しいミドルペースを先行して「粘って見せた」という感じに見えた。

流石にあの流れで上がり34、5は立派かもしれない。いや、立派だろう。

で、ここ。

スポンサーリンク

マイラー気質がミドルペースの中で先行しての2着なら立派と捉えるか?

2000m以上が合う馬が1600mの厳しい流れの中、あそこまで粘らせたから、距離が伸びてゆったりと運べる今回は良い競馬が出来るだろうと思うのか?

ここが予想の分かれ道。

やっぱり何度、考えても前者の意見になってしまう。

確かに父はオルフェーヴルで距離が伸びてプラスと考えるのが妥当かもしれないが、何度もイメージをする中で、何度となく、坂道を上った辺りで止まってしまってフェードアウトするイメージしか浮かばない。

更に、オークスデータ解析で書いた最後の直線での不利に当たりやすい枠と位置取りも気になる。

ただ、素直に切れる勇気も無い(笑)

距離で言うなら、アーモンドアイの方が持つかどうかだが、展開面で考えれば、不利の出にくい外を上がって来るだろうし、スローの上がり勝負なら、距離はそこまで関係無いかもしれない。

いや、オレがすねているだけかもしれないが。。。

色んな不確定要素があるオークスで、断トツの1番人気が出た事自体、不思議でならないが、それだけ、桜花賞の末脚が強烈なインパクトをもたらしたのは言うまでも無い。

上がり3Fが毎回切れるなら、軸馬に最適だろうが、これで弾けなかった日には、日本中の馬券ファンのケツも浮くだろうって話。

というか、不発も普通にあるって話。

ただ、アーモンドアイとラッキーライラックのどっちが先着するか?と聞かれれば、アーモンドアイだろうって答えます。

スポンサーリンク


ね?

競馬って難しいでしょ?(笑)

始めての距離を走る馬が多い中、そこに血統背景が入ってくるから、データと展開、コースバイアスを理論にする私は、かなり迷います。

ただ、コースバイアスで見た時の有利な馬は、何頭かいて、

マウレア

カンタービレ

トーホウアルテミス

パイオニアバイオ

特に、マウレアとカンタービレは、トーセンブレスが取り消したことで更に動けやすくなった。

展開はミドルペースと読んでいますので、差し、追い込み馬が決まりやすいとは思うけど、それでもある程度前に付けている馬を軸に、仕方無しでもアーモンドアイへは紐で流す。

 

最強人気ブログランキング

脚質からなる枠順は文句無く、騎手も人気を背負わない時のG1なら一発ある騎手。前走はスローの中、先行抜け出しで上手い競馬だった。個人的な1番の注目したいポイントはそのローテーションだろう。前走の後、桜花賞へは向かわず、ここ1本に照準を定めているあたりに好感が持てる。じっくりと仕上げてきた同馬を軸馬にしたい

中央競馬ブログランキング(現在75位前後)

ずっとラッキーライラックの背中を見ながらゴールをしてきた同馬。ここに来てそれも終わりかもしれない。先行して切れるならこの馬の切れ味も鋭い。東京コースは相性が良く、距離が伸びるここは、しっかりと切れるはず。内枠を引いたことでロスも他馬に比べらた少ない上に前走の枠順から見れば、かなりプラスになる。騎手も心強いトップジョッキーなだけに期待したい。

▲パイオニアバイオ

△トーホウアルテミス

△アーモンドアイ

△リリーノーブル

△ロサグラウカ

△サトノワルキューレ

△ラッキーライラック

△オールフォーラブ

馬連◎○⇒▲△△△△△△ 16点

ワイド ◎ー○ 1点