データ解析

【ヴィクトリアマイル2018注目馬】ソウルスターリングの復活があるかどうかを考えてみます

オークスを優勝してから勝鞍どころか、連対や3着すら無いソウルスターリングをどう扱うか?非常に難しいです。単純に牡馬混合G1での敗戦と捉えれば、人気がそこまで上がることのない今回は美味しい馬券となりますが、いくら牡馬混合G1と言えども、負けすぎで巻き返す力は無いんじゃないの?という捉え方も出来る。

この記事では、ソウルスターリングの復活があるのかどうか?その辺を探っていきます。

スポンサーリンク


過去のデータを書いて、説明しようかと思いましたが、とりあえず、私の見解を書きますね。

とにかくオークスまでが「ザ・クラシックホース」と言うような強さとローテーションで勝ち上がってきたソウルスターリング。そのすべての脚質が先行で、オークスまでの計6戦の内、5レースで3ハロン3以内の上がりで抜け出しています。まさに王道競馬でのもの。

こういったレースをする馬の特徴として挙げられるのが「早熟」というキーワード。過去に似たようなローテーションでクラシックホースになった馬は沢山いますが、オークスを勝ってから「バッタリ」と、その強さが嘘のように止まってしまった馬が数多くいるのも事実です。

メイショウマンボ

アパパネ

トールポピー

また、前走の阪神牝馬Sに出走したわけですが、牡馬混合G1を2戦、G2を1戦走った後に、そこまで体が戻っていたのかが疑問です。私もよく注目する「叩き2走馬」というのがあります。体を作るのに「1度レースで使ってからのほうが本番に向けて作りやすい」という理由が予想する側に浸透しているためですが、そもそも、そういった憶測的な考えには限界もあります。

前走は、マイナス4キロでの出走。ここでコンマ6秒差の10着となるわけですが、輸送分を考えてもマイナス4キロは、一度叩く意味合いがあったのかどうかが疑問になってきます。

「早熟じゃない馬」を前提に考ると、前走の馬体重をみる限りでは、復調の兆しは無かったのでは?と思っています。ですので、仮に前走が調整不足だった場合、逆に、ヴィクトリアマイルまでに体が仕上がっているかどうかも不安になってきます。

すべて憶測での話ですので「アレ」なんですけどね。

 

馬体重つながりでもうひとつ付け加えるなら、新馬戦の体重が480キロ、前走の馬体重が476キロとほぼ変わっていないのが気になります。成長分の馬体重増が見られない辺りに不安を感じます。

「2歳からすでに出来上がっていた伸びしろのない馬体」というのを考えてしまいます。

 

メイショウマンボ 新馬戦492キロ⇒オークス478キロ⇒引退時498キロ

アパパネ     新馬戦452キロ⇒オークス470キロ⇒引退時496キロ

トールポピー   新馬戦490キロ⇒オークス462キロ⇒引退時488キロ

 

一概には言えませんが、成長分が無い馬は個人的には「早熟」だったのかなと考えています。

スポンサーリンク


 

気になるデータとして枠順と戦ってきた相手関係

12-0-0-1
20-0-0-0
31-0-0-0
40-0-0-1
50-0-0-2
60-0-0-0
72-0-1-0
80-0-0-0

 

4枠5枠で着外になっていますが天皇賞、ジャパンカップでのもの。その他を見ると1枠と7枠が優秀。この枠順ですが、リスグラシューアドマイヤリードアエロリットも、同じ枠順での出走が多く、また、成績も同じように優秀になっています。レース数が少ないのもあると思いますが、それにしてもここまで偏るのも、何かあるのかな?と勘ぐってしまいますね。

アエロリット同様、先行馬であれば、内枠が有利なことは言うまでもなく、7枠での好走も、スタートさえ良ければ、変に中枠を引くよりは、好位につけやすいのも理由のひとつでしょうか。

 

これまで戦ってきた相手にもヒントがあるように思うんですけどね、ソウルスターリングが1着で2着になった馬を調べると

アイビーS ペルシアンナイト アーリントンC1着 皐月賞2着 マイルCS1着

阪神JF   リスグラシュー 桜花賞2着 東京新聞杯1着

チューリップ賞 ミスパンテール ターコイズS1着 京都牝馬S1着 阪神牝馬S1着

ソウルスターリングが苦戦している間に2着馬になった馬たちの活躍が目立つ結果となっています。

単純に各馬の能力や距離適正の問題で勝鞍を増やしているのか?各馬の成長が著しいのか?この辺を見極めるのが難しいですが、少なくとも後に活躍する馬たちには先着していた事実があったということでしょうか。

そう考えると、ますます、考え方が2極化してきますね。

早熟だったのか?牝馬限定なら巻き返せられる力があると思うのか?

 

さて、色々と書いてきましたが、個人的には、今回は見送りで良いと思っています。軸でも紐でも無く見送り。

理由は「わざわざ買う必要がないかな」という部分です。

基本的に、実績がある馬は、紐で押さえるのがベストですが、この馬を紐にするよりは、他に買いたい馬がいると言うことです。

単純に能力で他馬を蹴散らす可能性もありますが、そうなったら、清く諦めも付きます。

海外遠征組やG1で大敗が続く馬の調整は難しいと思っています。負けた反動が半端ないと思っていますので。

ご参考まで。

あわせて読みたい
【ヴィクトリアマイル2018データ解析】リピーター馬が好走する枠順 2018年5月13日(日)2回東京8日目 東京競馬場 1600メートル(芝)定量 (牝) 4歳以上オープン...

 

あわせて読みたい
【京王杯スプリングカップ2018データ解析】好走歴が多い高松宮記念組を狙う時の注意点 2018年5月2日(土)2回東京7日目(G2) 東京競馬場1400メートル(芝)別定 4歳以上オープン ...