無料予想

2018年阪神11R桜花賞予想

ラッキーライラックが来るのか?来ないのか?が一番のポイントですよね?

ラッキーライラックを外した馬券を組み立てれば、それなりの回収率が期待出来ますし、堅い馬券を狙って外すよりは、気分的に楽かもしれませんね。

 

 

一番注目している枠順(スポット)

オレンジで囲った枠が脚質の入りで一番有利な枠だと思っています。

その理由を書こうかなと思ったけど、むっちゃくちゃ長くなるので割愛させて頂きますが、

外枠勢の差し馬は、縦長の展開予測の中でかなり不利な位置取りになると思っています。最後の直線では、外差しが有利にせよ、赤枠勢の差し馬勢が先に外に進路をとっているからです。

ただでさえ後ろなのに、大きく外に振られるロスなども考えれば、人気のアーモンドアイは届かないと思っています。

 

赤枠勢が気になって仕方がない

今回、特に注目したいのが赤枠で囲った、レッドサクヤ、スカーレットカラー、トーセンブレスの3頭。

今回の枠順で脚質的に一番競馬がしやすい、言って見れば、スイートスポット的な感じがして仕方がないんですよ。

差し馬なんですが、展開的にそんなに後ろすぎるほどの位置取りには、必然的に取れないと思っていますので、ある意味、それが功を奏するような走りになると思っています。

 

で、

 

スカーレットカラーが異様に人気がないですし、岩田騎手が騎乗ということ。

他にも乗れる馬がいるのにスカーレットカラーに跨ることにちょっと、意味をもたせてしまいます。

 

レッドサクヤにしてもニュージーランドTで見せた手腕も合っていますし、そのイメージが残って入れば、きっちりと差して来てもおかしくないですしね。

 

トーセンブレスは、実績もありますし、このメンバーじゃ、そこまで見劣ることもありません。

 

過去データで消される可能性のある馬たちでもありますが、ここが枠順における脚質による有利馬で非常にきになっている枠順です。

 

じゃあ、ラッキーライラックはどうなんよ?

 

展開で考えたら、この馬がこの枠順に入ったことで、やっぱり軸候補には間違いありません。前に2、3頭馬を行かせて、エンジンのかかりが遅いラッキーライラックにとっては丁度、いいんじゃないかな?

エンジンがかかった頃には、4コーナー手前で、そのまま先行押しきるイメージ。

 

 

桜花賞推奨馬

1番ラッキーライラック

2番アマルフィコースト

4番アンコールプリュ

5番レッドサクヤ

6番スカーレットカラー

7番トーセンブレス

9番リリーノーブル

12番デルニエオール

 

軸馬A⇒