無料予想

2018年夕刊フジオーシャンSデータ分析

オープン(国)(指) 別定 芝1200m

スプリンターズステークスと同じ舞台で行われますね。

 

コース概要

 

コースは、スタート地点が下り坂になっており、そのまま一気に駆け降りる形で進みます。そして最後の直線で今度は、上り坂になるようなトリッキーなコースになっています。

動画などで見てもらうとよくわかりますが最後の直線を駆け上りきったところで逃げ、先行馬を首差、半馬身差とらえるシーンがあるのも中山競馬場の特徴でもあります。この坂道、そうとう脚を使わされます。

 

 

枠順による有利不利

 

脚質によってことなってきますが「逃げ」「先行」なら1枠2枠3枠4枠まで。「差し」「追い込み」なら6枠7枠8枠がいいでしょうね。「逃げ」なら最短距離を。「先行」なら4角コーナー最後で直線に向かっていくときに外に振られらやすいのでイン差し。「差し」「追い込み」なら外強襲がメイン。

あと、騎手の上手さも非常に関わってくるコースです、特に4角から直線に向かうところが、イン差しや逃げ馬を交わすのにごった返すことが多いので器用な騎手、具体的には、中山を乗り慣れている騎手のほうが買いやすいです。

 

 

脚質

 

タイムによってことなってきますが基本は、「先行馬」を狙うのベスト。坂道を駆け上がったとこで差せるパターンもありますが、「差し」「追い込み」馬の場合、そのタイミングしかありません。わたしの場合、馬券を組み立てる時は、よほどのことが無い限り(展開で差し有利など)「先行馬」を軸馬にしています。

 

 

上り

 

中山芝1200mは、上り勝負には間違いないです。クラスが上がるにつれて、それが顕著に現れます。しかし、どれだけ上りが速い馬でも通貨順位、位置取りが非常に重要になってきます。理由としては、あの上り坂にあります。過去10年の1着から3着馬までの上りを見比べてみても、上り最速馬が必ずしも連に絡んでいません。いかに坂道で脚を使わされるかが出ている結果です。⑪番手より後ろは、届きにくい傾向があります。しかし、逆に言えば、34秒台を出せる馬で⑩⑩くらいまでの通過順位をすでに持っている馬は、要注意が必要です。

 

 

イメージすると

 

イメージすると、「先行馬」の場合、終始、④から⑦番手追走で内を直線でジワジワ伸びる

「差し馬」の場合、⑦から⑩番手追走で外に持ち出してゴール前50mくらで強襲

どっちかです。そのままジワ伸びで1着か外に持ち出して強襲か。過去3年は、外に持ち出して強襲、その3年は、ジワ伸び先行。

基本的に①から③番手追走馬は、全滅、もしくは、「逃げ」馬だけ3着。このパターンが多いですね。

 

 

まとめ

 

外強襲をイメージ出来そうな馬なら迷わず軸。それが出来ないなら、先行馬から軸。わたしは、外強襲のイメージがなかなか湧かないことが多いので安定の先行馬を軸にしていますが、イメージは非常に大事です。

また、中山が得意な騎手に乗り替わった時は、人気薄でも紐に一考をおすすめします。