無料予想

2018年 日経賞注目馬

今週は、日経賞、毎日杯、マーチS、高松宮記念の4重賞が行われますが、まずは、日経賞の注目馬です。

 

キセキ

新馬戦からトップジョッキーを背に3歳から本格化してきた同馬。神戸新聞杯では、ダービー馬レイデオロからコンマ3秒差の2着。スローの流れで唯一差して来たのがキセキ1頭のみ。あの流れで上がり最速で差して2着は立派だった。中山は初めてでも輸送経験もあるし問題はなさそう。

 

トーセンバジル

4歳から条件を3連勝してジャパンカップへ。さすがにここは荷が重たかったか11着だった。5歳初戦の阪神大賞典ではサトノダイヤモンドからコンマ6秒の3着。地力があることは証明して見せた。京都大賞典では、シュヴァルグランに先着。過去の実績から2500mくらいまでが得意な距離にも見える。キセキと脚質が同じなだけに結果として京都大賞典での先行策はプラスだったように思う。

 

ロードヴァンドール

どうしても平坦コースでの逃げ残りの印象が強い同馬。中山は初参戦となるだけに、力とスタミナのいる馬場に合うかどうかが一番の鍵になってくるだろう。平坦ならこの距離は大丈夫だと思うが、中山は少し長い気もする。騎手の腕と判断次第。

 

ソールインパクト

苦労の耐えないソールインパクトだが5歳終わりのアルゼンチン杯で2着と力をつけて来た。もともと中山コースは、相性もよく、斤量でどうなるかだが、それでも十分に戦えるだけのスタミナは兼ね備えているはず。

 

ゼーヴィント

骨折から9ヶ月ぶりの同馬。さすがにこれだけ長い間、実践から離れると厳しい面も多少なりともあるだろうが、もともとは鉄砲も利くゼーヴィント。過去の実績から見たら、単純に能力だけで勝ち負けしてもおかしくない。

 

チェスナットコート

脚質面で一番有利そうなのがチェスナットコート。実績面では、他馬に劣るが自在性のある脚質は魅力。賞金的にもここから加算していきたいだろうし、個人的には要注目馬として上げておきます。

 

 

まとめ

G1を目標にG2に出走してくる馬の流れとして、2種類あると思います。1つ目が能力で勝ちきってしまうパターン。2つ目が、完全に叩き台として走るパターン。

競馬ファンがこの見極めをするのは非常に難しいと思います。調教がどれだけ良くてもポカする人気馬なんていくらでもいますし、調教が悪くても本番に強い馬はいます。先週のクリンチャーやタイムフライヤーもそうでしたよね?ダントツの単勝1番人気で普通に飛ばしています。しかも、2頭共、トップジョッキーが跨っていたにも関わらずです。

以上を踏まえると

日経賞で人気になるであろうキセキをどう判断するか?ここもひとつのポイントになってきます。

 

本気で強いのか?叩き台なのか?