無料予想

【新潟記念2018注目出走馬の分析や評価】ブラストよりセダブリランテス

2018年9月2日(日)に新潟競馬場でおこなわれるG3新潟記念2018の注目馬として骨折明け初戦をここから始動するセダブリランテスの分析や評価を中心に紹介していきます。個人的には調整がしかりと出来ていたらいきなりから好勝負必須かなと考えている馬ですね。

スポンサーリンク

セダブリランテスの分析や評価

競馬スタイルは『先行抜け出し』タイプで他馬が離脱していくなか、息の長い脚を繰り出すスタイルの持ち主。2歳3歳限定戦なら上がり3Fも出せていましたが古馬との一戦になると、切れる脚を使うタイプではないことがハッキリとしました。

自分から動いて勝敗を決するタイプではないだけに、展開面で左右されやすい一面はあると思います。芝コース4戦すべてがスローペースからミドルペースでのもので、一度もハイペースを戦っていない点を考えても『前が有利なコース』以外では崩れる恐れも十分にありますね。

新潟記念のコースじたいは『差し有利』なコース形態ですが、新潟記念だけを見ると『先行馬』が活躍するコースで、過去10年を見ても、一度もハイペースになったことがなく、枠順の脚質の並びを考慮してもハイペースにはならない可能性が大きいのが新潟記念です。

新潟記念が荒れやすいレースの背景には、この特異なペースが絡んでいると思います。差し馬有利のコース形態が人気を吸い取り、先行馬が人気薄になりやすい傾向が強いのでしょうね。過去10年を見ても実際に穴を開けている馬の人気は8番人気以下が多く、それは毎年、恒例のようなオッズになっています。

今年は先行馬が揃った一戦になりましたが、最初のコーナーまでが長い新潟コースですからそこまで位置取りが安定するのに時間はかからないと思いますし、今年もミドルペースで競馬が流れるかなと。

そうなると、力のいる馬場で追い込み馬は分が悪く、差し馬(4角8番以内)でもやっと届くかな?という展開を想定すると、前で渋とく脚を伸ばせる馬にチャンスがあるかなと言う感じです。

そうなるとセダブリランテスに有利な展開になるかなという見立て。

斤量57.5はトップハンデで、過去57.5の成績は[1-0-0-8]と苦戦傾向ですが斤量が前走よりも軽くなった馬よりも重くなった馬のほうが成績が良いのも魅力のひとつです(笑)先行勢が離脱していく中、最後まで踏ん張れるスタミナと、主戦騎手になってもらいたい石川騎手とのコンビに期待したいですね。

スポンサーリンク

とにかく、調教、調整が上手くいったかどうか?それだけですね

不定期の配信となりますが、現在『まぐまぐ』のメール配信サービスを利用して無料メールマガジン「【展開理論競馬】資金の少ない奴ほど馬連だ」を運営配信をしております。

登録はこちらから⇒【展開理論競馬】資金の少ない奴ほど馬連だ

今、ご覧になっているサイトで公開していない注目馬や推奨馬、読者限定プレゼントPDFの配布(直DL)、展開理論の説明や解説などを紹介しています。

例えば、最新号では、8月17日(土)新潟11R日本海ステークスのケイティクレバーの複勝がオススメでその理由なども紹介。(2着複勝200円)

完全に無料となっておりますのでこの機会に是非登録をしてくださいね。

登録はこちらから⇒【展開理論競馬】資金の少ない奴ほど馬連だ

また、無料メールマガジンは、わたしから代理登録や配信解除ができないシステムとなっています。登録や配信解除の場合もご自身の手続きでお願い致します。

 

現在、最強競馬ブログランキングと人気競馬ブログランキングに参加しており、推奨馬や予想馬をご覧いただく場合は下記の各ランキングをクリックしていただくと推奨馬や予想馬が確認出来るようになっています。馬名は各ランキングのサイトタイトル近くに掲載しています。

[最強]競馬ブログランキングへ

人気競馬ブログランキングへ

また、1日1回の応援クリックもお願いしております。ランキングが上がると記事を更新する際の励みになります。

よろしくお願い致します。