無料予想

2018年2月25日(日)中山記念予想

11R中山記念 芝1800m 10頭 発走サラ系4歳上オープン (国)(指) 別定 15:45発走

 

小数頭の10頭立てとあって実力が出やすい頭数だと思います。

コース概要としては、スタンド前の直線半ばからスタートして最初のコーナーまでが205mと短く、スタート後すぐに急坂を上がるため、極端に速いペースにはなりにくいです。ですのでスンナリと前のポジションを取った馬が有利で、内枠に入った逃げ、先行馬の成績がいいという結果が出ています。コーナーを4つ回るため、外々を回らされるとその分ロスが大きくなって厳しくなるコースバイアスになっています。

 

過去5年の成績を見ると

終始⑦番手以内追走馬が3着圏内に高い確率で入っています。

コースバイアスを考慮すれば、前半後半のペースに一貫性のある馬、ようは、同じ3Fで走れるスタミナがある息の長い馬が活躍している傾向があります。

1600万下の前半後半の平均タイムは、 前半3F36秒9 後半3F35秒7となっています。

このタイムも予想に取り入れる必要は十分にあると思います。

 

注目馬:4枠4番ペルシアンナイト

 

放牧明けの1戦目。2017年は、G1馬となり最高の1年となりましたが初戦の中山記念は、どうなるでしょうか。前回の放牧明け1戦目の富士Sは、不良馬場に泣かされて最後は、伸びきれずに5着。次走でマイルG1を奪取した背景から見て、もしかしたらそこまで陣営も本気ではないかもしれません。実力は明らかですので人気先行でなければ、紐での買いはありかもしれません。

 

特注目馬:6枠6番マイネルハニー

 

個人的に買いたいのは、マイネルハニー。スプリグSは理想の競馬でこの馬の持ち味がしっかりと出たレースです

 

このレースも11頭と少な目の頭数でのレースでした。

ポジション争いもすんなりいけましたし、「他がいかないなら自分が行こう」という感じで先頭を取りそのままペースも握り2着。中山記念も同様のペース、主導権は取れそうですから期待は十分に持てます。結果的に後続は、1頭だけ追い込める状況のペースを作りましたから今回も狙って軸馬にしたいですね。

 

注目馬:3枠3番ヴィブロス

 

G12勝馬のヴィブロス。実績、実力共に文句なしの同馬。この馬も放牧明け初戦がこの中山記念ですね。昨年も放牧明け初戦を中山記念で5着。その後に海外G1を奪取しています。ペルシアンナイト同様、ここを使って調子を上げていきそうな雰囲気もありますが実力、実績が伴っていますのであっさり3着以内も十分あります。ただ、ここでは、紐での一考かなと思っています。

 

注目馬:5枠5番ウインブライト

 

この馬なんですが、迷いが凄くありますね。この馬は、前年のスプリングS優勝馬。差して上り1位の末脚で他馬を差し切っています。わたしの考えている展開では、3着が制一杯かなと思うとこもあるのですが展開が崩れた時に出番があるのは、この馬で間違いないと考えていますので、ほんとに悩みどころです。放牧明け2戦目で叩いた上積みも十分あるでしょうし、馬連軸2頭の1頭でいくかもしれません。

 

まとめ

 

買い方としては、馬連軸2頭の2点流しプラス、馬連軸の1点

⑤ー⑥

⑤⑥ー③④  計5点

考えた展開が崩れても取れるように考えた秘策です(笑)