無料予想

【キーンランドカップ2018予想注目出走馬の分析や評価】推奨穴馬は騎手交替馬

混戦になる要素のひとつに絡み合う出走経由というのがありますが、キーンランドカップ2018は、まさにそれかなと思っています。古馬トップ組VS若駒VS古馬巻き返し組の3経由が絡み合う難しい一戦。今回はそんな難解なレース出走予定馬の中から特に注目している出走馬の分析や評価、最後に推奨穴馬を紹介します。

スポンサーリンク

【キーンランドカップ2018予想注目出走馬の分析や評価】

ナックビーナス

データ解析でも推奨馬としてあげていますが、展開面で左右されにくい脚質と平均的な上がりを毎回出せるのはプラス材料ですね。今回で3回目の出走となりますが過去2回はコンマ3秒差以内にまとめており、昨年は自分でレースを作ったハイペースで3着。一昨年はミドルペースを先行してコンマ3秒差の5着と札幌コースでの適正の高さを示しています。

今年は昨年と違い、古馬重賞スプリント路線を中心に使い結果も残してきています。今回は札幌コースが得意なJモレイラ騎手への乗り替わりも歓迎ですので詰めの甘さを騎手の手腕でカバーをしてほしいですね。

連対をする場合、6枠から内へ入った場合が多いのがポイント。極端な外枠だと軸馬として考えてるわたしは少し躊躇ってしまいますが、2枠~4枠なら文句なしに軸馬ですね。

レッツゴードンキ

牝馬でダートG1のあとの芝G1で連対した2走前の高松宮記念が凄すぎて唖然としましたが、そのポテンシャルの高さですよね。凄いなと。岩田騎手の好騎乗もありましたがそれにしても強かったなという印象。前走は距離の問題もあり、個人的には軽視をしていましたがそれでも勝ち馬からコンマ4秒差の6着と安定した走りでした。

基本的にハイペースでもミドルペースでも馬券になることが多く、ここでも好勝負は必須かなと思う反面、連対するレースのほとんどがG1に偏っていることから、G3は結果として叩き台になっている可能性もあり、軸馬としては少々物足りないかなと(実力どうこうではなく陣営の本気度として)考えています。

古馬になってからの放牧明け初戦は[1-0-0-2]という成績。今回はそこにG3出走となれば、良くて紐馬までが妥当かなと言う見立てです。

ムーンクエイク

上がり馬で重賞初挑戦がG2で優勝をすることじたい、並の馬ではないことを前置きした上なんですけど、狙って利益が出やすかったのが前走だったんですよね。まあ、キャンベルジュニアは紐ぬけでしたが、、、前走が狙い目。1400mという非根幹距離による適正距離が緩和される部分と前走からの距離短縮。そこに鋭さが光る切れ味を活かせる東京コースと、上がり馬が下剋上をするにはすべてが整っていた舞台だったのでは?というのが基本的な考えです。

今回は初の札幌コースに初の1200m、初の斤量58キロと、超えなければならない壁が多く、今回は厳しいかなと思っています。予想オッズを見ても超えなければならない壁を乗り超えた場合のオッズとしては物足りない印象もあります。

過去10年、斤量58キロで馬券になったのは1頭のみ。どうだろうか。厳しいかな?来るかな?「いや、別定で58キロは、ないわ」という感覚ですが。。。

ダノンスマッシュ

前走は「やっと1200mに出走させましたか」という感じで見ていましたが、とにかく走破タイムが非常に優秀。NHKマイルカップまでは1600mを主戦に使って、着差以上に着秒がまったく負けていない内容でした。前走は降級初戦でもしっかりと自分の競馬をして1馬身以上をつけて圧勝。1200mの適正の高さを示しました。

今回は、前走から斤量マイナス1キロで出走。北村友一騎手がそのまま騎乗ということもあり(個人的に上手い騎手のひとりに数えています)いきなり1200m重賞制覇もありえるなと考えている1頭ですね。

前走の優勝が大きいです。札幌と函館の洋芝の質の違いはありますが、洋芝1200mで1着になったのは予想をする側にもプラス材料。

キャンベルジュニア

前走はミドルペースの中、先行策でコンマ1秒以上の大敗。これまで1600mまでの距離ならば1秒以上の大敗がなかった馬だったので案外な成績だった。G1や、1ハロン延長からの先行策は、荷が重かったのでしょうか。

今回は、初の1200m出走ということですが、前走から2ハロン短縮は1200mのペースについていけるかが心配な点ですね。穴馬っぽく、いかにも的な馬になると思いますが今回は強調できるポイントがなく割引が必要かなと考えています。

騎手評価で人気上位の一角ならば危ない人気馬

推奨穴馬

推奨穴馬⇒ 人気競馬ブログランキングへ

前走、前々走の敗因がしっかりとわかっているから余計に狙っていきたい穴馬です。前走は大幅に減った馬体重と位置取りの差で11着。前々走は先行出来ずに馬群に沈む展開で10着と、連続しての大敗。ただ、着差以上に秒差は負けておらず、人気が出ないであろう今回はオススメ。

スポンサーリンク


早めに札幌入りして減った馬体も順調に回復し、騎手はこれまで1回のみの騎乗だが、テン乗りで3着に持ってきているほど相性もいい。今回は陣営の思惑通り、先行策を取ってくるだろうし、そうなれば3走前のような走りも期待出来ます

妹は先週のG3で3着と善戦をしているスプリント色の強い母系。忘れかけたころに走ってくる典型的なオッズの盲点馬になってくれると願いを込めて。。。

ここ2走は後手を踏む脚質での惨敗。先行策を取れる騎手で新たに期待。

あわせて読みたい
【キーンランドカップ2018予想データ解析】安定感抜群の夏の大型馬を狙う毎年、頭を悩ませているキーンランドカップ。ミドルペースかハイペースで流れるキーンランドカップですが、ミドルペースで流れるとしたら脚質の傾...
あわせて読みたい
【新潟2歳S2018予想データ解析】2月生まれの完成度の高さに期待新潟2歳S過去10年の1着馬の中からセイウンワンダー、ジャスタウェイ、ハープスターなどのG1ホースを輩出している新潟2歳Sです。予想をす...

不定期の配信となりますが、現在『まぐまぐ』のメール配信サービスを利用して無料メールマガジン「【展開理論競馬】資金の少ない奴ほど馬連だ」を運営配信をしております。

登録はこちらから⇒【展開理論競馬】資金の少ない奴ほど馬連だ

今、ご覧になっているサイトで公開していない注目馬や推奨馬、読者限定プレゼントPDFの配布(直DL)、展開理論の説明や解説などを紹介しています。

例えば、最新号では、8月17日(土)新潟11R日本海ステークスのケイティクレバーの複勝がオススメでその理由なども紹介。(2着複勝200円)

完全に無料となっておりますのでこの機会に是非登録をしてくださいね。

登録はこちらから⇒【展開理論競馬】資金の少ない奴ほど馬連だ

また、無料メールマガジンは、わたしから代理登録や配信解除ができないシステムとなっています。登録や配信解除の場合もご自身の手続きでお願い致します。

 

現在、最強競馬ブログランキングと人気競馬ブログランキングに参加しており、推奨馬や予想馬をご覧いただく場合は下記の各ランキングをクリックしていただくと推奨馬や予想馬が確認出来るようになっています。馬名は各ランキングのサイトタイトル近くに掲載しています。

[最強]競馬ブログランキングへ

人気競馬ブログランキングへ

また、1日1回の応援クリックもお願いしております。ランキングが上がると記事を更新する際の励みになります。

よろしくお願い致します。