無料予想

2018年 潮来特別データ分析

2018年3月3日(土)

中山競馬 第9R 潮来(いたこ)特別 芝2500m サラ系4歳上1000万(混)[指] 定量

 

コース概要

暮れの有馬記念と同じコースで最後の直線の坂道を2回駆け上がらないといけないコース。タフなコースで4角先頭の押切は、難しく、一気の追い込みも厳しい。馬券の軸は、わたしなら「先行」から入っていきます。タフなレースといえども上りも非常に重要で過去10年で上り1位馬が上位を独占している。

 

 

枠順による有利不利

過去10年に限っては、枠順による有利不利は、見当たらないが、コーナーを6回も周り、長距離レースとあって内沿いを終始回るほうが断然に距離損にならない。残り1000m付近からえげつない攻防が繰り広げられるため、はっきりとした「内」か「外」がいい。

 

 

脚質

馬券の組み立ては、「先行馬」がいい。前々での競馬から最後の直線でチョイ差しが理想。差し馬と同じ上りでも先行馬が優位なのは、言うまでもない。「先行馬」でかかり癖のある馬は軽視すべき。

 

 

まとめ

とにかく荒れやすいレース。人気に関係なく、2500m以上で連対経験のある馬、中山競馬で好走歴のある馬を狙いたい。2000m~2400mで辺に好走歴があり、人気がある馬は、軸馬にしがたい。あくまで紐での組み立てに一考。

 

 

 

参考レース

 

▼「先行」「差し」で決まった2017年潮来特別

 

 

▼行ったいったの①①①と②②②で決まった、2016年潮来特別