無料予想

2018年中山11Rダービー卿チャレンジ注目馬

ダービー卿チャレンジの徹底解析については下記で公開しています。

⇒ ダービー卿チャレンジ徹底解析

 

大阪杯の前のG3、中山1600mハンデ戦ですか、

ハンデか、、、

 

日本のハンディキャッパーさんはレベルが高いので、1着から全着までコンマ9以内が普通にありますので結構、侮れません。世界でもトップクラスじゃないですかね。

まあ、その分、予想が大変なんですけど。。。

 

この手の出走メンバーやクラスは、難しい。基準となるモノが薄くて、展開理論でもなかなかイメージしにくいのも本当の話。

例年、上がり馬VSオープン古馬になっているので、レースタイムとレースの力関係なども今まで以上に取り込んでいかないといけない。

ほんとに、むずい。

こういうレースを涼しい顔して取れる奴は、マジで、すんごいわ。

 

さて、注目馬ですね、

 

ヒーズインラブ

終いの脚が切れる馬で、どの脚質からでもいける器用なタイプ。1600mでの出走が多く、前走武庫川S(1600万)では、1分33秒6。このクラスではかなり優秀な時計だった。

中山でもかなり速い持ち時計があり、スームズにいけば勝ち負けになってもおかしくない存在。

ほぼ主戦騎手と言っていい藤岡康太騎手への乗り替わりもプラスだろう。

 

ゴールドサーベラス

こちらも上がり馬。脚質的に展開面が合わなければ大敗、合えば好戦というのを繰り返してきたような感じ。前走のタイムはやや物足りない気もするが上がり馬で一考。

前走から中1週での強行策には、勝算あってのことだろうか?気になる1頭。

 

レッドアンシェル

アーリントン2着、NHKマイルCは、コンマ6秒差の4着と3歳では堅実な走りを見せてきた同馬。今年は、京都金杯からのスタートで2着と、その存在感を示してくてた内容。

中山は初出走となるが阪神の坂道で優勝経験もあるため問題ないと思います。基本、先行脚質のため、本コースにも合うはず。

ただ、体重が大幅なマイナス、プラスなどになった場合は走れていないので当日の馬体重はチェックしたい。

 

ミュゼエイリアン

隠れ重賞ウイナー。前走の東風Sは久しぶりの勝利だった。

これ以上、色々書かないけど、例の58キロ、マルターズアポジーが逃げて、この馬が2番手追走なら、もしかしたらもしかするよね?っていう話。

 

グレーターロンドン

素質馬で注目されていた1頭ですが、この馬が56、5キロで出走は、見込まれましたね。

超上がり馬で1600万勝ってすぐに安田記念でコンマ1秒差の4着。そうとうセンスもいいんだろうね。今年は東京新聞杯からで勝ち馬からコンマ4秒差の9着。

ずっと差し、追い込みだった馬が先行してコンマ4秒差。これをどう判断するかによるんですが、スローの流れで押しきれなかった点を見るのか?スローでも上位馬は差し馬が占めたので、まだ、粘ったほうだと思うのか?

悩むところですが、個人的には、先行であろうが、差しであろうが3着までが精一杯かなと考えています。

 

スポンサーリンク

アデイインザライフ

前走は1年4ヶ月ぶりの出走で復活を遂げた同馬。

直線を向いた瞬間は「あるか?」と一瞬思いましたが、伸びず終いの10着。久しぶりの競馬にハンデ頭の58キロで勝ち馬からコンマ3秒差は立派ではないでしょうか。

転厩してからの初戦は、敗れてしまいましたが、そこから3連勝で新潟記念を優勝。そこから故障で放牧となるわけですが、取扱ですよね、

個人的には、中山1600mは合わないと思っています。息の入りやすいコースで終いを活かす競馬がやはり合っているような気がします。

ただ、前走が叩き台にせよ、重賞馬らしさも見れましたし、叩いた上積みは大きいでしょう。57キロで出走出来るのもプラス。騎手もプラス。

悩みどころですね。

 

キャンベルジュニア

また、ややこしいそうな馬が出てきました。昨年の2着馬ですね。この馬は、1600m~1800mが成績が良く、また、距離に関係なく、中山競馬での馬券率が高いです。

脚質が先行押切タイプですから、中山コースが合うのも頷けます。

昨年は、最終的に1400m3連戦で馬券外という点をどう評価したらいいか?そして、ここは叩き台になるのか?この辺がポイントになるでしょう。

過去の成績から見ても1枠以外ならどこでも走ってきますので、要注意ですね。

 

ロジチャリス

昨年の本レース優勝馬。その後は、パッとしない成績でしたが今年初の前走では、勝ち馬からコンマ4秒差の8着と着順以上に存在感をアピールした形。

中山は走れるほうだし、昨年と同じ東風Sからでしたから、もちろん陣営もここは狙っているでしょうね。

全体的に先行脚質ですので、そこまで枠順を気にする必要もないかと思いますが、この馬自身が外目の枠で結果を残せていないので、その辺が注目どころですね。

 

 

全体的に先行馬が揃った感じですが、展開はスローの流れでいくんじゃないかと。そうなると、位置取りが重要になってきます。

枠順による脚質差で、馬の有利性を探りながら、前と、後ろからと1頭ずつ、軸馬を決めたいですね。

これだけ、ヤニ濃いメンバーが揃ったとなると、展開も読みづらいですから、ほんと、枠順による脚質次第です。