無料予想

【中日新聞杯2018予想】今回ばかりは外枠が功を奏するマイスタイル

久しぶりの更新と言うこともありご迷惑をおかけしました。通常通り、サイトの更新を続けていきますので宜しくお願い致します。また、有料会員サービスは現在中止となっています。いつ体調を崩すかわかりませんので、中止とさせて頂いています。宜しくお願い致します。

それでは、中日新聞杯の予想です。

スポンサーリンク

個人的に注目しているポイントは斤量と脚質ですね。小回りコースの福島であっても、過去10年の3着までの脚質の傾向は差し馬が優勢。単順に切れ味勝負というよりは、前の脚が止まってからの差し、つまりスタミナ消耗戦ということでしょう。

7番ギベオン
12番ストロングタイタン
14番マイスタイル

こちらは、前走単勝人気が5番人気以内の馬。過去10年、前走重賞で着順に関係無く、2008年を除く、単勝5番人気以内だった馬の3着内率が100%という結果。過去の傾向を鵜呑みにするならこの3頭から1頭を選ぶのがベストかなと。

小回り中京の中でも2000mは差しが決まりやすいコースで、ペースが緩んでも、その傾向は強い。難解なメンバー構成となっていますが、前走は爪の影響で思うような競馬が出来なかったギベオンに、先行勢の中では、期待が持てるマイスタイル。共に斤量56キロだが、見込まれたというよりは、このメンバーで考えると逆に恵まれたように見えます。

枠順から見ると、ドレッドノータスが逃げる形なら、マイスタイルは番手追走。ハイペースでもミドルペースでも息の長い脚質が最大の武器なら、そのまま押し切れる可能性が高い。ダービー4着は紛れじゃないと思います。

前が差される展開になるなら、絶好枠を引いたギベオン。実績では2枚も上かなと思いながら、前走大敗のおかげで思った以上に人気(オッズ的に)になっていないのは好都合。この枠なら、先行6番手以内を追走しそうですから、十分に勝機ありかなと。距離短縮もプラス。

◎14番マイスタイル
⇒逃げても良しだが、今回ばかりは外枠が功を奏する

◯7番ギベオン
⇒前が崩れるならこの馬

▲11番メートルダール
⇒『G3なら』の馬。鞍上次第

△1番エンジニア
⇒ひと押しが足りない分、最内枠を活かす競馬で

△8番ドレッドノータス
⇒前が残れる展開なら

×3番グレイル
⇒「ハマる展開で」のタラレバで一考

◎◯⇒◎◯▲△△× 馬連9点