無料予想

2018年 チューリップ賞データ分析

2018年3月3日(土) 1回阪神3日目(桜花賞トライアル)オープン(国) 牝 (指) 馬齢芝1600m

桜花賞トライアルであるチューリップ賞。今年もここからクラシック戦線がスタートしますね。わたしは、展開予想をする前にイメージから入ることが多くて、なんとなくのイメージ。チューリップ賞で言うなら、「切れのある馬」「差し馬」「リーディング上位騎手」の3点がイメージとして持っています。これは、コースバイアスとかには関係のないイメージも時折入っていますが、けっこうイメージって大事なんですよね。

 

コース概要

最後の直線が長いので追い比べになりやすいレース。ペースもスローからミドルで収まることが多く、最終的に上り勝負になることが多い。ちなみに、阪神1200と中山1200は、リンクしており、阪神が得意な馬は、中山も比較的走る傾向があり、その逆も同じ。中山で差し届かなった馬が阪神で届くパターンもあり、その逆も多いにある。中山と違って阪神は、最後の直線から坂道までの距離が長いため、そういった事がおこる。

 

 

枠順による有利不利

コース自体が広く、ペースもスローからミドルが主流なため、上り勝負になりやすいことから、どこからでも勝負になりやすい。

 

脚質

過去10年において「逃げ馬」の成績が[2.1.2]と非常に優秀で、次に「差し馬」が優秀。コース的に切れ味さえ出し切れれば、位置取りは関係ありませんが基本は、「逃げ」「先行」。

 

前走出走レースが大きなポイントのひとつ

前走出走レースの大半が阪神ジュベナイルFとなっています。また、人気で見ると、単勝1番人気~4番人気までの馬が連に絡みやすい結果になっています。

▼ラッキーライラック 2番人気 1着 上り33秒7

▼リリーノーブル   3番人気 2着 上り33秒9

前走が阪神ジュベナイルF組は、この2頭のみ。

 

 

 

 

 

まとめ

枠順が出る前に展開がパッと浮かんでしまった。。。参考レースの2017阪神ジュベナイルFを見てもらうとわかりますが外に持ち出したもん勝ちみたいになっています。先行やや中団ぎみからサッと抜け出し追い比べ。最後は、騎手の気迫の差が出たかなと感じています。ただし、切れる馬が毎回切れるわけではありません。その辺を考慮して軸馬を決めていきます。