無料予想

アイビスサマーダッシュ2018予想と出走馬分析

アイビスサマーダッシュ2018予想と出走馬分析を中心に書いていきます。

 

夏のG3と言えば、アイビスサマーダッシュですね

クセの強いコースなだけに
リピーター馬も出ているコースです。

過去リピーター馬と言えば、カルストンライトオやカヤノザクラ、
ベルカントといった快速馬が複数回優勝しています。

印象に残っているのは
カルストンライトオでしょうか。

この後のスプリンターズSを優勝した時は
感動したのを今でも覚えています。(不良馬場を逃げ切ったやつですね。ほんとに凄った)

 

今年の有力どころといえば、

ダイメイプリンセス

レジーナフォルテ

ナインテイルズ

アペルトゥーラ

ペイシャフェリシタ

ラブカンプー

アクティブミノル

カラクレナイ

この8頭でしょうか。

それでは各馬を分析していきます。

スポンサーリンク

 

各馬分析

ダイメイプリンセス

牝5歳 調教師:森田直行(栗東)

父:キングヘイロー 母:ダイメイダーク 母の父:ダンスインザダーク

距離成績
1000m~1300m5-1-1-8
1400m~1600m0-0-0-5
1700m~2000m0-0-0-0
2100m~2400m0-0-0-0
2500m~0-0-0-0

 

回り成績
左回り0-1-0-5
右回り3-0-1-8

 

前走CBC賞は、単勝6番人気で9着コンマ5秒差と
地力がある所を見せてくれたレースでした。

 

新潟1000mで2勝をしていることから今回の適正は十分に見込めますが
韋駄天、駿風は共に10番11番と外よりでの優勝で
コースバイアスの有利性を受けての優勝だった可能性もあります。

 

今回も8番より外を引ければ好勝負になると思いますが
8番より内に入った場合は
軸馬としてはそこまで胸を張れない可能性もありますね。

馬番しだいでしょうか。

 

レジーナフォルテ

牝4歳 調教師:佐藤吉勝(美浦)

父:アルデバランⅡ 母:ナイキトライアンフ 母の父:ボストンハーバー

距離成績
1000m~1300m5-0-2-10
1400m~1600m0-0-0-3
1700m~2000m0-0-0-0
2100m~2400m0-0-0-0
2500m~0-0-0-0

 

四半期成績
1月~3月1-0-0-5
4月~6月2-0-0-3
7月~9月2-0-1-2
10月~12月0-0-1-3

 

夏の牝馬に夏の上がり馬。

前走のテレビユー福島賞を快勝しその内容も素晴らしいものがあった。

昨年の本レースでは1000万下優勝から格上挑戦での3着。
斤量51キロを上手く見方につけた印象の3着だった。

今回は1600万をしっかりと勝っての本番。
斤量54キロがどうでるかが課題。

まあ、単純に走れる馬ばだけに外目の馬番に入ればあっさりもありえますね。
 

スポンサーリンク


 

ナインテイルズ

牡7歳 調教師:中村均(栗東)

父:ローエングリン 母:マイネフォクシー 母の父:メジロライアン

四半期成績
1月~3月2-0-2-10
4月~6月2-0-3-7
7月~9月0-0-0-13
10月~12月1-1-1-8

 

前走水無月Sで久しぶりの優勝だった同馬。

アイビスはテン乗り戸崎騎手とのコンビだが
逃げ、先行で定評のある戸崎騎手なら面白い存在になる。

ただ実績面で見劣りがあるだけに、
コースバイアスの助けがいる感じと斤量56キロがキツイかな。

夏開催での競馬がまったく走れていないのも気がかり。

今回は厳しいかな。

 

アペルトゥーラ

牡7歳 調教師:国枝栄(美浦)

父:マツリダゴッホ 母:フサイチリニモ 母の父:ジャングルポケット

距離成績
1000m~1300m4-2-2-11
1400m~1600m1-1-2-7
1700m~2000m0-0-0-2
2100m~2400m0-0-0-0
2500m~0-0-0-0

 

面白い馬の登場で若干テンション上がっていますが。

良成績を固めてやってくるような馬で掴みどころが無いのも特徴のひとつ。
もともとは弱くない馬で
3連勝と鳴り物入りでオープンでも優勝。

 

このまま波に乗るかな?と思いきや失速。
前走韋駄天は単勝2番人気で6着とそれなりにまとめた形だったが
個人的にはもう少しやれても良かったと思っています。

 

放牧明け3戦目で1000mの感触も掴んだところで
鞍上に丸田騎手ですから
狙っていこうかなとニヤニヤしながら思案中。

 

新潟芝1000m内馬番で優勝経験のある馬は
どこからでも勝負になるので
ここでも軸馬候補。

前走の負けでアイビスの人気が無くなることを望む。

 

ペイシャフェリシタ

牝5歳 調教師:高木登(美浦)

父:ハーツクライ 母:プレザントケイプ 母の父:Cape Cross

四半期成績
1月~3月1-1-0-2
4月~6月1-0-0-0
7月~9月1-2-0-4
10月~12月3-0-0-5

春雷Sでオープン初勝利で前走CBC賞では単勝2番人気で15着。

負けすぎ。

何度となく1600万の壁に阻まれてのオープン優勝で
ひと皮剥けたかな?と思いきや
この馬もいきなりのG2は荷が重すぎたのかな?

1000m直線は初出走で弾ける可能性も少なからずありそうだけど色々と問題もありそうなのでここは大人しく紐候補確定。

 

ラブカンプー

牝3歳 調教師:森田直行(栗東)

父:ショウナンカンプ 母:ラブハート 母の父:マイネルラヴ

四半期成績
1月~3月1-1-0-1
4月~6月0-1-0-1
7月~9月0-3-0-0
10月~12月1-0-0-0

 

距離成績
1000m~1300m2-3-0-0
1400m~1600m0-2-0-2
1700m~2000m0-0-0-0
2100m~2400m0-0-0-0
2500m~0-0-0-0

真打登場。強推し登場。

騎手×斤量51×距離短縮なら問題なく軸馬候補。

何も言うことなし。
 

スポンサーリンク

 

アクティブミノル

牡6歳 調教師:北出成人(栗東)

父:スタチューオブリバティ 母:ピエナアマゾン 母の父:アグネスタキオン

四半期成績
1月~3月0-2-0-2
4月~6月0-0-0-7
7月~9月3-0-1-4
10月~12月0-0-1-8

隠れ重賞2勝馬。

全3勝のうち、新馬1勝、重賞2勝という凄い馬。

昨年のアイビスでは単勝2番人気に支持されるほど実力の持ち主だが
安定感に欠けるため軸馬にするのは危険という判断は今走でも同じ。

ただ、実力があるのと斤量56キロは問題ないと思うので紐馬に入れておくことは確か。

酒井騎手とは相性がよく
重馬場だったレース以外ではすべて1秒以内に収めている。

紐馬筆頭。

 

カラクレナイ

牝4歳 調教師:松下武士(栗東)

父:ローエングリン 母:バーニングレッド 母の父:アグネスタキオン

四半期成績
1月~3月1-0-0-3
4月~6月0-0-1-3
7月~9月0-0-0-1
10月~12月2-0-0-2

3連勝でG2Fレビューを優勝するなど短いところでは侮れない1頭。

一瞬の切れ味を発揮出来る馬だけに
アイビスでは展開しだいで上位に食い込める可能性もある。

54キロも問題ないだろうが
前走から一気の400m短縮が覚醒材料になるか
不安材料になるかは走ってみないと検討がつかないのが本音。

ただ、地力はあるので軽視は禁物かな。

 

まとめ

 

単純にコースバイアスのみを重視すると痛い目に合いそうなアイビスサマーダッシュ。

 

確かに9番から外番の馬が毎年連対していることを考えれば、
9番より外に入った馬から

 

予測を立てるのがベストだろうが紐馬として内番も入っているだけに
全体的の脚質の並びを思案しながら馬券を組み立てていきたいですね。

 

今回は、ちょっと下がり気味の馬を狙おっかなあと思っています。