競馬ニュース

単勝を利用して馬単を使い最大限にリスクを軽減させ回収率を上げていく方法

単勝オッズを使い、馬単で回収率を最大限に上げる方法を紹介します。資金の少ない方や単勝1点に自信のある場合などに効果的ですので試してみる価値は十分にあると思います。回収率を上げつつリスククを最大限に少なくさせる方法です。

 

小倉記念を使って説明します。

単勝1番人気のトリオンフが本命だとします。単勝オッズは3.3倍。

ここで回収率を少しでも上げていくために馬単総流しで購入します。小倉記念の場合、馬単全流しすると計11点です。1点100円だと1100円になります。

馬単オッズ

11→1   85.2
11→2   62.4
11→3   35.2
11→4   14.3
11→5   132.4
11→6   52.8
11→7   29.6
11→8   181.5
11→9   351.8
11→10  15.0
11→12  14.1

まずはじめに買い目点数が計11点ですのでトリガミを防ぐために馬単11倍以下のオッズは切っていきます。今回は11倍以下がありませんのでそのままでいきます。

そして次に各単勝オッズの期待値を確認していきます。計算式は以下の通りです。

馬単オッズ÷出走頭数=単勝期待値

11→1   85.2   7.1
11→2   62.4   5.2
11→3   35.2   2.93
11→4   14.3   1.19
11→5   132.4  11.0
11→6   52.8   4.4
11→7   29.6   2.46
11→8   181.5  15.1
11→9   351.8  29.9
11→10  15.0   1.25
11→12  14.1   1.17

計算式で計算したオッズがトリオンフの単勝3.3倍以下であった馬単オッズを切ります。こちらもトリガミを防ぐためです。

切る馬単オッズ

11→3   35.2   2.93

11→4   14.3   1.19

11→7   29.6   2.46

11→10  15.0   1.25

11→12  14.1   1.17

切ったオッズは全部で5点ですので11点ー5点で6点。

馬単に6点の計600円、残りの5点をトリオンフの単勝に500円購入となります。

結果はトリオンフが1着となり2着にサトノクロニクルが入り馬単は切っていましたので単勝3.3倍に500円購入でしたから的中となり1650円の払い戻しとなります。

小倉記念の場合はリスクヘッジが効いた結果となりましたね。

この方法は単勝で勝負する方の回収率の底上げをはかる方法ですが予想をしている過程で1着になる馬の自信度が高いレースなどがあれば積極的に使っていくのもありだと思います。

「競馬はコンマ0秒の世界」という競馬のあり方を考慮した方法だと思っています。

次にご紹介したい記事は、

複勝馬券で稼ぐには、たったひとつの考え方を取り入れるだけで的中率も回収率も変わってきますよ!という内容のオススメ記事です。

あわせて読みたい
複勝馬券で稼ぐための具体的な方法とベストな買い方を紹介します競馬にはさまざま馬券が発売されていますが、その中でも複勝馬券は競馬初心者のみならず、競馬玄人の方にも人気のある馬券種です。複勝馬券は1着...

 

現在、最強競馬ブログランキングと人気競馬ブログランキングに参加しており、推奨馬や予想馬をご覧いただく場合は下記の各ランキングをクリックしていただくと推奨馬や予想馬が確認出来るようになっています。馬名は各ランキングのサイトタイトル近くに掲載しています。

[最強]競馬ブログランキングへ

人気競馬ブログランキングへ

また、1日1回の応援クリックもお願いしております。ランキングが上がると記事を更新する際の励みになります。

よろしくお願い致します。