競馬ニュース

【スプリンターズS2018予想結果】有料予想も無料推奨馬も的中!

スプリンターズS2018のレース回顧を中心とした記事になります。レース展開がハイペースの中、先行で差し切ったファインニードルが優勝。本当に強い競馬でした。サイト公開予想は有料予想がワイド◎⇒▲的中、無料推奨馬も的中となりました。また、10月2日(火)は有料予想会員提供日外になりますので複勝推奨馬を無料メルマガで公開します。

スポンサーリンク

スプリンターズS 有料予想結果

◎ファインニードル1着

○レッツゴードンキ5着

▲ラブカンプー2着

△セイウンコウセイ12着

△ワンスインナムーン6着

△アレスバローズ14着

×ナックビーナス7着

ワイド ◎○⇒▲△△△× 10点

8番10番⇒3番5番9番11番12番

的中!ワイド1340円

有料予想詳細案内サイトはこちらです

有料予想会員展望記事

明日の日曜日はG1スプリンターズステークスが開催されます。
勝負レースとしては、
このスプリンターズステークス1本に絞って公開します。

現時点での買い目馬は以下の7頭です。

ワンスインナムーン
ファインニードル
ラブカンプー
レッツゴードンキ
セイウンコウセイ
ナックビーナス
アレスバローズ

計7頭

そして、今回の推奨馬の中で重要な馬が下記の4頭です。

ワンスインナムーン
※ラブカンプー
※セイウンコウセイ
アレスバローズ

特に注目したい馬がラブカンプーとセイウンコウセイです。

この4頭から1頭以上は、3着までに入る予想をしています。
また、ファインニードルと
ナックビーナスのワンツーは無いと考えています。

馬券種はワイドになります。ワイドですと
10点と点数が多くなってしまいますが馬場を考慮すれば、
馬連は少々リスクが高いと感じていますので、
ここは手堅くワイドで行きます。

馬券の中心は『高松宮記念上位馬』ですね。これは絶対条件で、
ここを無視すると馬券は獲れないと言っても過言ではないかと。

1600m以上と比べて1200m以下は
『力関係をハッキリとさせるレース数が少ない』と言うことが言え、
絶対的なデータ不足になりやすいです。

逆に言えば、敷かれたレールが1本である場合、
そのレールの上に登れない、または、離脱した馬の激走も考えにくいということです。

今年も、そういった点を考えた場合、
ファインニードルは圧倒的有利な立場に要ると考えられ、
海外遠征帰りからの初戦セントウルステークスを
先行差し切りで勝った時点で、この馬に死角はないと言えます。

また、中山コースに不安要素があると巷で言われていますが
中山でも1勝を上げていますし、たった3戦で見限るのは早いと思っています。

今年の展開予測を縦割りにした場合
『逃げ、先行』『逃げ先行差し』『先行差し』で決まるイメージが出来ています。

このイメージで行くと、
ラブカンプーとラインスプリットは非常に有利な展開ななる可能性も高い中、
実績と控えても競馬が出来るラブカンプーが▲。
この馬の人気がこれまでの内容を考えると過小評価されていますから、狙うならここですね。

心の中では○レッツゴードンキが本命です。
ただ、前が壁になって差し切れない状況は幾らでもある中、
中山コースなら○までと判断。

これまで、あまりレッツゴードンキを軸馬にすることはありませんでしたが、
ここは完全に狙いに来ていると判断していますので期待したいですね。

有料予想詳細案内サイトはこちらです

スプリンターズS レース回顧

先行した馬の前残りと、差し馬の差し切り。縦割りは『逃げ先行差し』で、展開予測通りの結果でしたから馬券も獲れて当たり前の結果でした(ニヤリ)

勝った◎ファインニードルの位置取りも最高かなと思って見ていましたが、川田騎手はイマイチだった見たいですね。それでもあの走りが出来ましたから強いの一言。右にモタれるクセがあるみたいで、最後の直線は外から被せる競馬をしたということ。この辺も非常に参考になるコメント。また、調教も動いていなかった見たですから、調教の動きを見て切った方や、紐にされた方も多かったはずです。調教判断は難しいです。

調教といえば、▲ラブカンプーも調教は悪かったみたいですが、それでも馬体重増での出走。和田騎手はハナに行きたかったみたいですが2番手の競馬で正解だったと思います。とにかく息の長い競馬が今回でも発揮された内容でしたから美味しい馬券になりました。これだけ過小評価された馬も珍しいですけどね。調教や、記者の書いたコメントをどう馬券に活かすか?この辺も難しい判断になってくると思います。

巻き返しで狙える馬としては、ムーンクエイクキャンベルジュニアの東京コースの出走時でしょうか。2頭共に1400m~1600mが中心ですし、ムーンクエイクはもろに長い直線での上がり勝負馬ですから狙い目十分。キャンベルジュニアも同等でしょうね。

最後にレッツゴードンキ。本当に頑張っている馬だと思って見ていました。馬に対してそこまで感情移入しないタイプですが、この馬には感情が入ってしまいますね。敗因はたぶん、年齢によるものだと思っています。牝馬6歳です。よく頑張っていると思います。

全体的に見れば、スプリント戦線で1級の活躍をしてきた馬のワンツーで、実力や実績から見れば驚く内容ではありませんが、配当を見る限りでは、これも競馬なんだなあと思います。

10月2日(火)無料メルマガで複勝推奨馬を公開

10月2日(火)は有料予想会員提供日ではありませんので、複勝推奨馬を無料メルマガで公開します。

気になる方は、無料メルマガの登録をしておいてください。

登録はこちらから⇒【展開理論競馬】資金の少ない奴ほど馬連だ

※無料メールマガジンは、私から代理登録や、配信解除ができないシステムとなっています。登録や配信解除の場合もご自身の手続きでお願い致します。