データ解析

【皐月賞2018データ解析】内ラチ沿いを制する馬の好走例が目立つ内回り2000m

牡馬3冠の中で1番難しいとされるのがこの皐月賞だと言われています。特に騎手などのコメントや書籍を読むことで、その難しさが素人の私でもわかるくらい難しいコースだということが理解できます。

その難しさの1番の原因が枠順と、そのコース体型にあると言われています。この記事では、枠順と脚質、コース体型にスポットを当てて解析結果をご紹介します。

コース概要

2000mの距離で一番トリッキーなコース体型と言われており、特に内回りコースにおける4つのコーナーが難しいとされています。

それに加え、直線距離が短いことからインで脚をため、特に差し、追い込み馬は、上手く外に持ち出せた馬が馬券率に最も近づける位置取りだと言われています。

 

最後の直線を向いたあたりからスタートとなり、最初のコーナーまでの距離が405mと比較的長いためテンの入りは速くない。隊列は、縦長になりやすく、ここで上手く内に入った馬が距離損を防ぎ、効率よく走れる。

 

最後の直線が短いため先行馬が有利ですが、皐月賞に限っては、インで脚を溜めた道中5番手~8番手の「差し馬」の好走も目立っています。

一気の追い込みは厳しい。ただ、人気馬の場合、インを諦め、距離損をわかった上で外を回す走りをする馬の好走例もある。

内ラチ沿いを制する馬の好走例が目立つ内回り2000m

コース形態がトリッキーだと言われる所以がそのコーナーにあると言われています。以下、とてもわかりやすい説明がありましたのでご紹介させて頂きます。

『中山芝2000mは内回り、綺麗な楕円形で外回りほどトリッキーでは無いものの、ややタイトなコーナーが4つあり、直線もそう長くありません。したがって、良い意味で「せこく」(インをロス無くそつなく位置取りに神経を遣って)乗ると、外を回すよりもかなり有利に働きます。但し、馬込みを捌かなくてはならず、詰まるリスクも背負います。よって先行馬以外は勝利を意識すればするほど、有利な事は判ってはいても内には入れにくくなります。牡馬三冠レースで最も勝つのが難しいのが皐月賞と言われるのもその辺りにあります。

(出典:https://www.keibalab.jp)

実際に過去レースを見ても、インをそつなく回った馬が馬群を上手く捌ければ馬券にも多く絡んでいることがわかります。

意外と皐月賞は枠順の有利不利があまりない事実

過去10年で枠順による成績は、まんべんなく馬券になっており、枠順だけで見た場合の有利不利があまりないように思います。

どちらかと言えば、各馬の脚質で枠順の有利不利が決まる傾向が強い印象を受けます。

外枠に先行馬が揃えば、内枠の差し馬は内に閉じ込められた形になりやすいですし、内枠に先行馬が揃うと外にいる差し馬が好位をストレスなく取れる形になりやすいです。

ですので、枠順による有利不利は、枠順が発表されてからになります。

スポンサーリンク

脚質による枠順の有利不利

過去10年の成績を見る限り、脚質による枠順の有利不利がわかりやすい傾向になっています。以下、先行、差し、追い込み、逃げ馬の順でその特徴を紹介します。

 

先行馬

枠順は、どこからでも勝負になるが、スタートダッシュのつかない馬は、外枠が望ましい。

差し馬

7枠、8枠以外の枠順が好調。特に3枠4枠5枠。インで脚を溜め、馬群を捌ける気性と前が開く運、そして、前をこじ開けれる騎手にも注目。

好走率が最も多い分、馬群を捌ける位置でないと馬群に沈む恐れもある。そのため、騎手の手腕による所も大きい。

そう考えると、差し馬で馬券になった騎手のほとんどがリーディング上位であったのも頷ける。

追い込み馬

7枠、8枠が好調。しっかりと後方で脚をためれるぶん、ロスある外目を走らされるが、その分、前を交わすストレスがないためだと思います。

逃げ馬

どこからでも勝負なると思うが、過去10年の成績で馬券になったのは2頭のみで、逃げ馬はやや割引が必要かな。

先行馬同様、スタートダッシュがつかない逃げ馬は、大外枠が有利。

 

各脚質参考レース

各脚質がどのような形で馬券に絡むかがイメージしやすいように、過去成績の中からわかりやすい年度レースを紹介します

6枠先行脚質:2017年 1着アルアイン

1枠先行脚質:2011年 3着ダノンバラード

1枠差し脚質:2014年 1着イスラボニータ

4枠7枠差し脚質:2013年 1着ロゴタイプ2着エピファネイア

8枠追い込み脚質:2016年 1着ディーマジェスティ

5枠追い込み脚質:2012年 2着ワールドエース

3枠逃げ脚質:2008年 1着キャプテントゥーレ

 

パトロービデオを見るのもオススメです

パトロールビデオを見ることで、より詳しく、その馬の道中の足取りや位置取りが確認できます。レース映像では、基本、真横からのアングルでの視聴になりますが、パトロールビデオの場合、上から真ん前からなど、色々な角度から見ることが出来ます。

特に馬のヨコの隊列を見ることで、いかに内ラチ沿いが有利で抜け出すのが困難なのかもわかると思います。

パトロールビデオについては以下の記事も参考にしてみてください

あわせて読みたい
競馬パトロールビデオの見方は?活用して的中率や回収率を上げる方法競馬には「パトロールビデオ」というものが存在しているのをご存知でしょうか?この「パトロールビデオ」は、公営競技の競走中における不正行為(...

 

まとめ

枠順前に出来る予想もありますが、最終的に、枠順が決まってからのほうがより的確な予想が出来ると思います。

特に過去のレース映像を見ながら、脚質による枠順の有利不利をイメージすることで、馬券も組み立てやすくなると思います。

個人的には、差し馬を中心に、リーディング上位騎手を狙っていきたいですね。

 

<<PR スマホで遊べる本格派育成競馬ゲーム『ダービーーインパクト』>>

◆『ダービーインパクト【無料競馬ゲーム・育成シミュレーション】』とは?
オーナーとして競走馬の生産・育成・レースに挑む、基本無料で楽しめる3D競走馬育成シミュレーションゲームです。
全てのG1レースの完全制覇や、オンラインレースへの挑戦、
奥深い配合理論を駆使してオリジナルの血統を生み出すなど、楽しみ方はオーナーの数だけ存在します。

IOS端末  ⇒ダービーインパクト

アンドロイド⇒ダービーインパクト

◆初心者でも簡単
『スピード』、『スタミナ』などの特性、『逃げ」や『先行』などの脚質に合わせ、『坂路』や『プール』など様々な調教コースで愛馬を鍛えましょう。長所を伸ばすか短所を補うか、馬の育成方針もオーナー次第です。
初心者には秘書や調教師が、愛馬の調子や状態を見て、調教内容や、食事、出場レースなど、的確に指示してくれますので、初心者でも簡単に愛馬を育てられます!