【皐月賞2018レース回顧】エポカドーロ軸にするもサンリヴァル抜けで落胆

落胆だわ。落胆。

皐月賞は、エポカドーロを軸にしながらサンリヴァルを紐に出来なかった自分に落胆。

最近は、紐点数が多いから少なく見積もって行こうとしてサンリヴァルとタイムフライヤーのどっちかを消そうとしたら、消したほうがきちゃう始末。

もともとある自分のスタンスを崩すとこうなる典型的なことを阪神牝馬Sで学んだはずなのに、またここでやってしまうとは。

「たら」「れば」はご法度だとしても

ここ最近、下手くそな馬券の組み立て方が続いている。

スポンサーリンク

展開予測は的中したが紐抜けではね、、、

皐月賞は、展開を2つ考えて、前残りと差しの1頭ずつを軸馬にした。

前⇒エポカドーロ

後⇒ステルヴィオ

↓大勢の方にも読んで頂いている展開予測と予想

前に行ったもん勝ちか、控えたもん勝ちかのどちらかで決まりそうなんですけどね。 雨が降って馬場が悪くなら後ろからだろうし、 逆に良...

簡単に言うと、前に2、3頭置いて、バテたとこを抜き去るエポカドーロと

前が総崩れで差し切る予定だったステルヴィオ。

ワグネリアンが5、6番手追走を最後の100M辺りからステルヴィオやキタノコマンドール辺りが襲いかかるシナリオだったけどね。

あの逃げた3頭は想定内で位置取りを描いていたし、エポカドーロのあの走りも予測通り。

皐月賞の予想でも書いた通りだったのに

変な欲をかいてしまった。

そして何より、

逃げ馬が複数頭いる場合は、番手追走が狙い目

これを忠実に守った結果だったが、なんとも下手くそすぎて情けないわ。

ステルヴィオはよく走っている

上がり最速で4着は立派だったと思う。

おまけに、キタノコマンドールにグレイルまでが同じ上がりで似たような着順に似たような位置取り。

今回、前3頭にだいぶやられた感があって、

あの3頭がひっぱったおかげで、楽にエポカドーロの競馬が出来ていた。

馬場が稍重だったとしても、あの流れで4着は、あれが最高のパフォーマンスだったと思う。

ただ、ひとつ思ったのが、もう少し前で競馬をしてほしかった点。

個人的には、スプリングS組が1番強かったと思い、その1着2着を軸馬にしたんですが、出来れば、スプリングSと同じ位置取りが良かったです。

この辺は、枠順の差もあったでしょうけど。

やっぱり福永ワグネリアンはよくわかんね~わ

1枠で後ろに下げた時点で終わった感満載で、

「そっからどうやって、前々で競馬をしてきた馬を勝たせるつもりなのか?」って

道中を見ながら思っていた。

まあ、騎乗経験ゼロのオレが言うのもアレだけど、馬券ファンとして言わして頂けるなら文句のひとつでも言いたくなる。

なんて言うんだろう。色々あると思うんだけど、1回も、その位置取りで競馬をしていない馬が本番で走れるかが疑問で、それをやって許されるのはヨコテンくらいなもん(オレは許してないが)

アーリントンカップでもぜんぜん追ってなかったし、

正直、ようわかんね~わ。(文句言うだけ言っといて軸馬には、してないけどね笑)

スポンサーリンク

皐月賞結果論データ集

「たら」「れば」データ集として、まとめてみました。

①馬体重がプラス体重だった場合の連対率0% キタノコマンドール

②荒れやすい時に来やすいオッズは、単勝7番人気~9番人気 上全部

③忘れた頃の藤原英厩舎 エポカドーロ

④コース連対率の良い騎手 田辺騎手など

⑤福永騎手は軸として決して買わないこと←オレ限定

①番は、実際に使える内容ですし、覚えておいて損はないと思います♪

まとめ

下手くそな馬券の組み立て方をなんとかしたいけど、

展開予測は出来ているし、軸馬もきているから、そこまで落胆することもないんですが

あの馬連万馬券は悔しいのひとこと。

あと、「たら」「れば」をもうひとつ言うなら

武騎手のジャンダルム。

今回ほど「それっぽい馬」だった。

このニアンスがわかる人にはわかると思うんだけど

なんとなく来てもおかしくない馬で紐にしておかないと後悔しそうな馬。

「それっぽい馬」

やられたわ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする