競馬ニュース

阪神牝馬ステークス ニュージーランドTレース回顧 たまには購入画面をアップ

阪神牝馬ステークスは、展開も読み通りなのに、結局は、あのT騎手にやられた感じ。

軸にしたらしたで、訳の分からん騎乗して平気で圧倒的1番人気を飛ばすわで、ホンマに合わいませんね(笑)

上手いこと乗られた感があるのも腹立ちますが、裏を返せば、ハマらなかったら危ない騎手ってことにもなりますからね~。(負け惜しみか。。。)

 
軸馬にしたミエノサクシードが5番手に着けた瞬間に「ある!」って思いましたが、そこまで伸びることもなく、後続の交わされた感じでしたが、勝ち馬からコンマ4秒差なら、個人的には納得出来る範囲です。

 

リスグラシューは、スローでもハイペースでも追い込める競馬が出来るとメルマガでも書きましたが、スローの流れでもしっかりと追い込んで来てました。勝ち負けまで出来ませんでしたが、本番へ向けて良い物差しになったと、個人的に思っています。

 

心の中では、ミスパンテール。

騎手が騎手なだけにノーミスパンテール。

 

馬券は、上位2頭を紐にすらしていなかったので、「アレ」ですけどね

 

Y騎手。

もうね、上手いか下手なのか、どっちかにしてくれ!って叫びたいわ!

 

ニュージーランドT、着順で言えば、1着から5着まで推奨で上げて置きながら、軸馬選定ミスでハズレ。

 

 

軸馬にしたアイスフィヨルドがコンマ3秒差の5着。着順以上に着秒を評価したいですね。馬券にはなりませんでしたが個人的には、こちらも想定内。

 

道中は、2着馬ケイアイノーテックと同じ位置どりを追走してしましたが最後は、騎手の判断の差が出た感じになりましたね。

 

ペースは、ミドルペースですから、動くに動けなかったのもあると思います。500万条件の身ながら良く走ってくれました。

馬券には、なりませんでしたけどね。

 

 

エントシャイデンは、前走同様の位置取りで上手く乗っていましたが、自分でペースを作れると思っていただけにこちらは、残念でした。

こちらも悲観することもなく、勝ち馬からコンマ8秒差ですから個人的には想定内(苦笑)

結局、ミドルペースでも差しが強かったですね。

 

松山騎手の乗り方も見ていて上手かったと思います。

カツジは、京都平坦での出走でしたから嫌ったのですが、中山でこの脚を出せたなら、東京でも通用しそうですね。

 

2着のケイアイノーテックは、外差しに不安を覚えたので軽視しましたが、しっかりと突っ込んで来ました。

こちらも本番に向けて良い内容だったと思います。

 

まとめ

狙い方は間違っていないと思います。

各軸馬もコンマ5秒以内に来ていましたし、展開もある程度は、読めていました。

馬券にはならなかったですが、個人的には、大きな予想のズレが無かったのでそこまでロジックの修正をする必要はないかなあと思っています。

 

ひとつ言うなら、Y騎手だけですね(笑)