2018年サンスポ杯阪神牝馬S注目馬

1600mに距離が変更されて、今年で3回目を迎える阪神牝馬ステークス。大一番であるヴィクトリアマイルのステップレースになる馬も多い。

過去2回は、上位人気での決着となり、脚質も先行2、差し2、逃げ1、追い込み1と、どの脚質でも馬券になりえる結果となっている。

今回は、特に注目している馬を紹介していきます。

スポンサーリンク

ソウルスターリング 阪神JF1着 桜花賞3着 オークス1着

個人的に良い思い出の多いソウルスターリング。2歳は、芝1800mを2連勝後、距離短縮で、チューリップ賞を優勝した時は、正直「凄い馬が出てきたなと言う印象」だった。

その勢いで全部喰ってしまうか?と思いきや、毎日王冠を皮切りに大敗が続いた。古馬との頂上決戦とはいえ、少し負けすぎ感が強い。

今年は、得意のマイルから始動になるが、実績や脚質面で考えたら「馬券になる」馬だが、体調面や成長面を考えた時に不安は残る。

いわゆる「THE早熟」

ただ、大敗したレースは、それぞれスローの流れによるもので、ペース次第では、また吹き返す可能性もある。

リスグラシュー 東京新聞杯1着 秋華賞2着 アルテミス1着

東京新聞杯は強い勝ち方だった。道中はスローの流れの中、かかることもなく最後は、しっかりと伸びていた。1600m~2000mを主戦場とする同馬にとっては、本番へ繋がる走りが出来たと思う。

安定して切れる脚があるわけじゃないので位置取りが重要。前走のような7、8番手追走までがギリギリのラインだと思う。騎手がスライドして跨がれるなら勝ち負けしてもおかしくない。

こちらは成長分も見込める。

アドマイヤリード 17年ヴィクトリアマイル1着

2、3歳は、そこまで強くもなく目立つ存在ではなかったがローズステークスを皮切りに良くなり自己条件から一気にG1馬となった。ひと夏を超えて馬が成長するパターン。

「競馬あるある」やね。ちなみにこういう馬は、大崩もなく、可もなく不可もなく、息長く活躍出来る馬が多い。

本来は、1600mが一番合うんだろうし、昨年はここで2着になったように阪神も合う。今年は東京新聞杯から始動。着順以上に負けた印象は無く、1枠で勝ち馬からコンマ6秒なら悲観する着秒でもないかなと。

この馬は、毎回、しっかりと切れる馬だが、この馬も位置取りが重要になると思う。あまりにも後ろだと、東京新聞杯のような結果になる可能性もある。

ようは、枠順次第。


レッドアヴァンセ

もともと素質馬として注目されて、それに答えるようにエルフィンステークスで1着。が、その後がなかなか勝ちきれなくてクラシック戦線はすべて大敗。

そのまま早熟で終了かと思ったが、そこから自己条件を数戦こなしながらオープンクラスへ返り咲いた。

返り咲くまでは、距離や馬場を変えながら手探りでこの馬の一番良い距離を探していたようにも見え、個人的には、1600mの左回りが一番良く合うかと思う。

切れる脚はあるが安定して出せないため、前々で競馬をしながら押しきる競馬でオープンクラスへ。

展開が先行で粘れるペースなら馬券対象になる可能性もあるが、阪神での成績がイマイチなここは、少し荷が重いかな。

ミスパンテール 京都牝馬S1着 ターコイズS1着

新馬戦を勝利して2戦目のチューリップ賞で2着。クラシック戦線は大敗も条件をあっさりと勝利してからの重賞2連勝。

斤量が少しずつ増えながらもしっかりと勝ちきり、馬の充実度が増している感じだが、前走の京都牝馬ステークスの走りが個人的には、ただ単純にハマったように見えた。

結果的に大外からの差し切り勝ちとなったが、

全体の競馬が終始、団子状態で進み、4コーナー手前から競馬が速くなると、それについていけなくなり、その結果、大外から一気の差しきり。

阪神も同様なイメージが理想だが、速くなる4コーナーで置いていかれると、直線一気は、難しい。騎手の考えか、馬の調子の問題かはわからないが、

勝負どころで置いていかれる馬は、軸にしずらい。

強いのは強いが、軸にしずらい。

あと、個人的なことだけど、多分、あのY騎手とは、合わない気がする。しゃべったことも顔すら合わしたこともないけど多分、合わないと思う(笑)

とにかく、軸にしたら「なんで?」っていう騎乗をしてくださるからだ。

もうここまでされたら、「軸にしてやんない」って本気で思うわ(笑)

まとめ

牝馬限定は、年齢は関係なく、状態のいい馬が馬券対象になりやすいと認識しています。

重賞実績のある馬から入るのが予想しやすいルーティンにもなると思うけど、重賞じゃなくても牡馬とやりあって来た馬や、

自己条件を勝ち上がってきた馬を狙うのもありだと思う。

体調面が良い馬。牝馬に限っては、ここが一番重要かなって思っています。

状態面を見極める方法としては、騎手を見るのが一番手っ取り早い。

本番を見据えて、新馬戦や2歳まで主戦をしていた騎手が久しぶりにここで跨るパターンや単純に関西リーディング上位騎手への乗り替わり。

これがひとつの見極めるポイント。

ちなみに関西騎手の馬券率が高いのも注目のデータ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする