競馬ニュース

【函館スプリントステークス2018レース回顧】今年初の馬連万馬券的中!やっとやで~。

今年初の馬連万馬券。やっと獲れた感が半端なく、例年なら、もっと早くに取れていただけに、ホッとしましたけどね。今年も馬連万馬券のチャンスが沢山あったにも関わらず、紐抜け、軸馬3着が続いたレースがありましたから。

スポンサーリンク

 

予想

本命◎ジューヌエコール

対抗○セイウンコウセイ   1着

▲アドマイヤゴッド

△1ラインスピリット

△2ワンスインナムーン

△3ライトフェアリー

△4ヒルノデイバロー  2着

△5エポワス

△6ナックビーナス   3着

セイウンコウセイ

予想の通りの速い決着で、開幕週による枠順の利と、全馬の斤量差がそこまで無い今回は、実績馬から馬券を組み立てて正解だった。優勝したセイウンコウセイは「出来れば逃げてくれ」と思っていた通り、騎手のファインプレーでそこまでハイペースにならない絶妙な逃げで後続馬を凌ぐ形。まあ、騎手が上手かったですね。

昨年は単勝1番人気になりながら勝ち馬からコンマ5秒差。改めてその強さが光った。

 

ヒルノデイバロー

走りどころが掴みにくい同馬だったが、上手く流れに乗り、最後は先行脚質ながら、セイウンコウセイを捉えれそうな勢いがあった。もともと着差以上に大負けをしないタイプで札幌で好走があるように洋芝はいけるほう。ただ、その走りごろが掴みにくい分、毎回、抑えておかないといけない存在。まあ、今回のメンバー構成では全馬、そんな感じでしたが。こちらも四位騎手の好騎乗でしたね。

 

ナックビーナス

一番、良い形で前を向き、直線も一番いい形の抜け出す形。「やっぱり強かったのね」というのが素直な気持ち。過去実績で単勝1番人気は荷が重かったように思えたが、蓋を開ければ3着と、しっかりと馬券圏内。2着とは、勢いの違いだったかな。

結局、今年も牝馬が馬券に絡んだね。

 

ジューヌエコール

スタートして行き脚が付かない競馬の中、最後は、内を突いて、前が壁、壁、壁で見せ場無し。枠順がどうこうより、脚質がどうこうより、騎手にはがっかりですね。まあ、これも競馬ですから、仕方がないっちゃあ、仕方が無いんですけど。

これだけ、不利があった競馬で、まったく走っていませんから、次走では、狙い目になりますが、騎手の乗り替わり限定で買いでしょうね。

スポンサーリンク

 

アドマイヤゴッド

上がり最速33秒4で4着。あと少しで馬券圏内だった。こちらは完全に「騎手✕きゅう舎✕洋芝適正」のパターンでの買いだったわけで、少しだけですが、熱くなれましたね。叩き4戦目。前走はG2ながらコンマ4秒差の9着。得意の洋芝で一変の走りがあっただけに馬券にならなかったのが悔やまれますね。

 

まとめ

結果的に、1着が57キロ、2着が56キロで実績馬が上位を占める形。また、G1馬は伊達では無かったかのような活躍と好騎乗でした。馬券的な勝因としては、土曜日のHTB杯の結果を参考に「1分6秒~1分7秒前半で決まる」と予測を立てれたこと。速い決着でも先行してその脚が使える馬を狙うこと。ここに照準を合わせれたのが勝因だった思います。

いつもそうですが開幕週ってのを忘れがちになって予想をしてしまいがちですが、この辺ですね、これからもしっかりと取り入れていきたいですね。