【ヴィクトリアマイル2018レース回顧】データは嘘をつかないジュールポレール

今回のヴィクトリアマイルほど、すべての条件が噛み合っての優勝だった思うジュールポレールと2着だったリスグラシュー。

予想も的中で言うことがありませんが、その内容がけっこう驚愕しています。

ヴィクトリアマイルデータ解析でも挙げていたリピーター馬の枠順の件、

例えば、昨年1枠だった馬が今年は8枠での出走という極端な枠順での出走はありませんでした。馬番で言うと、前後1番~4番以内に入れば、好走していました。

2018年は、アドマイヤリード、デンコウアンジュ、ジュールポレールが登録をしています。

昨年の枠順          好走が期待される馬番アドマイヤリード3枠5番   1番~5番~9番

デンコウアンジュ5枠10番  6番~10番~14番

ジュールポレール2枠3番   1番~3番~7番

少し、サイン競馬的な要素を含んだデータでしたが、きっちりと馬券になってくれています。

また、ヴィクトリアマイルデータ解析のまとめで書いてある

①前走1着馬以外

②脚質は先行1頭、差し1頭

③ディープインパクト産駒

④叩き2走目、3走目の馬

⑤リピーター馬の馬番注意

これもドンピシャで来ています。

やはり、データは嘘をつかないですね(笑)

先にも話した通り、すべての条件が噛み合っての優勝だった思うジュールポレールと2着だったリスグラシューですが、

稍重✕枠順 この2つがなければ、ここは着順も変わっていたと思います。

3着外で気になった馬がアエロリットとミスパンテール。

アエロリットは、このペースなら4着も立派で、これが精一杯でしょうね。ミドルペースになれば、出番があるような馬です。

ミスパンテールは、あの控える形にした時点で連は無いと思いましたので
個人的には、残念な結果となりました。

ヨコテンらしからぬ、正攻法の騎乗でした。

「あれじゃ、無理だと思います」って、今度、会ったら言っておきます(笑)

ウソです(笑)

次は、オークスですね。

過去10年のデータの中で馬体重ですが、480キロ以上の馬の連対が0回です。

ちなみに、ラッキーライラックとリリーノーブルがこれに該当します。

面白くなってきましたね~(ニヤリ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする