競馬ニュース

【天皇賞2018レース回顧】天皇賞春も的中したけど地味に裏メインも的中しました

レインボーラインが優勝した2018年天皇賞春。馬券は的中しましたが配当が安かったですね。

裏メインの東京スイートピーSは、無料メルマガからの無料予想で馬単8点で2420円的中となかなか旨い馬券となりました。

スポンサーリンク

レース回顧:シュヴァルグランのせいで馬不信になってまうわ

とにかく競馬が難しいと言わしめてしまうのが、大敗馬の巻き返し。シュヴァルグランの巻き返し度合いが半端ない。

もうね「前走がいったいなんだったの?」ってなるよ。まあ、これも競馬でしょうし、事実、単勝1番人気になっていますからね。

展開は完全にシュヴァルグランの展開だったが、詰めの甘さが出たのか、勝ったレインボーラインが強かったのか。

こういった競馬をされるから、ある意味、競馬が辞められないのよ。

 

優勝したレインボーラインは前走と同じような走りで最後は内に進路とって1着。慌てずじっくりと乗ったのが功を奏した感じでしょうか。

もう1頭の軸馬サトノクロニクルがマクっていった瞬間に「大丈夫か?」って思うほどのマクリ加減。結局は、脚が上がって12着。

結果的にこれはこれでアリだと思いますので次走に期待ですね。

 

クリンチャーが思いのほか後ろに下げながら速くなる4コーナー手前から進出。個人的には、スタミナの問題で脚が上がると思っていたのでここは私の見当違いでした。クリンチャー、ごめんなさい。こちらもシュヴァルグラン同様、完璧な乗り方でしたのでこの成績には納得ですね。

 

絶好枠に入った2頭。ミッキーロケットチェスナットコート。ここもこれが精一杯でしょう。枠順の有利をフルに活かした競馬でした。次走は人気になるでしょうが、枠順の有利がかなりありましたので、出走するレースのコースバイアスでは危険な人気馬になるでしょうね。

 

けっきょく、推奨馬9頭中、サトノクロニクル以外の8頭が1着~8着まで来ていましたから、予想としては、正解だったと思います。

結果論ですが、枠順の関係で力関係が横一線と判断した場合は、上位で気まりやすいことを再認識しました。

とは、いいつつ、どうしても狙ってしまうのは仕方がないのが本音です。