競馬ニュース

競馬パトロールビデオの見方は?活用して的中率や回収率を上げる方法

競馬には「パトロールビデオ」というものが存在しているのをご存知でしょうか?この「パトロールビデオ」は、公営競技の競走中における不正行為(反則)の判断のために撮影されるビデオのことで使われ主催側の義務とされています。そしてこのパトロールビデオですが誰でもいつでも無料で視聴することが出来ます。この記事ではパトロールビデオの見方やパトロールビデオを使った的中率、回収率を上げていく方法をご紹介します。

スポンサーリンク

パトロールビデオの見方は?

トップにある写真がパトロールビデオを撮影するための機材になります。競馬の場合、広範囲での撮影になりますのでこういった高い建物で撮影をしています。

このパトロールビデオは、JRAのホームページで誰でも視聴することができます。黄色で囲ってある部分から選択して見ることが出来ます。

①JRAホームページ→②レース結果→③全周パトロールビデオ

(参考www.jra.go.jp)

パトロールビデオの活用の仕方

レース結果の映像とパトロールビデオの映像の2種類用意してありますが、レース映像とパトロールビデオの違いって何かわかりますか?

それは、撮影の角度になります。

レース結果の映像は、主に真横から録画したものが流れます。しかし、パトロールビデオは、上、真上、横、真正面など、色んな角度で録画してあり視聴することができます。

レース中の審議対象になる馬がいないか?落馬した原因はなんだったのか?などを見て確認するために色んな角度から録画をしています。

そして私は、このパトロールビデオを頻繁に視聴して馬券に活用しています。

  • どれだけの不利があったか?
  • 何頭分、外を走らされたか?
  • 最後の直線で真っすぐ走れているか?

などを確認することで次の馬券に活かしています。

また、このパトロールビデオを見ることで以下の内容が明白に理解することが出来ます。

  1. コースバイアスがより具体的にわかり理解することができる
  2. 騎手や調教師の敗因理由を目視で確認することができる
  3. 各馬の特性や特徴をより理解できる
  4. 展開理論をより深く早く理解できマスターすることができる
  5. 競馬のあり方が理解できる

展開理論についての質問を頂いた時は必ずといっていいほどパトロールビデオの話しをさせて頂いています。それほどパトロールビデオは展開理論を理解する上で非常に役に立つツールです。テレビ解説者や○○馬券師の解説を聞くより遥かに効果があります。

それでは、もう少し具体的にパトロールビデオの活用方法を説明しますね。

スポンサーリンク

パトロールビデオを使って的中率や回収率を上げる方法

アイビスサマーダッシュのパトロールビデオがわかりやすいので実際にレース映像をみながら説明していきますね

アイビスサマーダッシュパトロールビデオ

コース概要通りのレースだったのか?

コース解説やコース概要などを参考にしている場合、実際にそのようなレースになったのか?どうなのか?を確認することで展開のイメージがしやすくなります。

アイビスサマーダッシュのコース解説をまとめると

  1. 残り400mあたりからギアが入りだす
  2. ギアの入らなかった半数以上の馬がここで離脱
  3. 開催が進むにつれて外枠が有利になる
  4. 外ラチ沿いを走る馬で密集するため差し、追い込み馬は不利をうけやすい
  5. 中枠~外枠馬の好成績が目立つ

 

スタートしてすぐに全馬が外ラチめがけて進路取りを開始しています。スタートしてすぐですね。そして1枠~中枠の馬が行き脚をつけている間に7枠8枠馬は楽に好位を取れる体勢に入っています。

レース映像39秒たりから下りで息の入った馬たちがもう一度ギアを入れて追い出すところですね。この時点で何頭かの離脱馬が確認出来ます。

レース映像43秒あたりで前が壁になって動けなくなりそうなダイメイプリセンスが瞬時に内よりの位置を取りにいっているのがよくわかると思います。

ダイメイプリセンスが位置を修正している間に大内から2頭の馬が追い込んできますが内より外目に進路を取っていたダイメイプリセンスが外目の有利を活かして加速していきます。

加速していくあいだに半数以上の馬が離脱や減速していく中、ダイメイプリセンスは抜群の手応えで1着となります。

レース概要通りの内容でコースバイアスをしっかりと反映しているようなレース内容でした。こうやってパトロールビデオを見ることで各馬の位置取りからレース展開がすべてわかり、実際に新潟1000mのコース概要が頭に入ってきますので非常におすすめできるツールとなります。

騎手や調教師の敗因理由の確認が出来る

2着ラブカンプー騎乗のMデムーロ騎手のコメント

残念です。一生懸命走っていますし、仕方ありません。勝ち馬が強かったです

コメント通りの内容を受け取ると騎手としてのレース判断は妥当だったということになりますね。これをパトロールビデオを見て実際はどうだったのか?を確認します。

4枠8番ラブカンプーはスタートしてすぐに前目につけて好位を追走。位置取りも悪くなくスムーズな競馬。仕掛けどころも問題なくグングンスピードにのるが最後はダイメイプリセンスに交わされて2着という内容。

こうやって確認することで「ラブカンプーは不利を受けることなく好位を追走して力を出し切っての2着だった」と自分で納得ができ、次回の1000m出走時は「外枠を引くことで前進があるがそれ以上は見込めない」と結論づけることが出来ます。

実際のコメントを検証することで次走への的確なポイントとして反映することができます。騎手や調教師によっては具体的な数字を述べて説明してくれる場合もありますのでコメント検証はおすすめの方法ですね

まとめ

パトロールビデオを活用することでレース全体の競馬のあり方が把握できます。これをすることで展開がわかり次のレースでの参考材料にもなります。

そして何よりも展開理論をマスターするにはどんな凄い馬券師の解説を聞くよりも、どんなに素晴らしい競馬記者の展望を聞くよりも展開が明白に浮かんできます。

ぶっちゃけ、〇〇馬券師とか○○競馬記者の話しなんて聞くことも見ることもなくなってきます。時間の無駄だと気づくからです。

好きな馬券師や競馬記者がいるなら別ですけどね(笑)

生きたパトロールビデオ、レース映像を見ることで馬券向上のためになりますのでぜひ活用してくださいね。

また、競馬のありかたや馬連に関しての方法を記事にしてまとめてあります。こちらも読んでみてください。

あわせて読みたい
資金が少ないからこそ馬連や馬単で馬券を買う理由とは? 競馬が好きでしかたがない。 予想をしだすと女を抱くより快感を得られる(ごめん。ウソです)ってのは言いすぎかもしれません...
あわせて読みたい
単勝を利用して馬単を使い最大限にリスクを軽減させ回収率を上げていく方法 単勝オッズを使い、馬単で回収率を最大限に上げる方法を紹介します。資金の少ない方や単勝1点に自信のある場合などに効果的です...

スポンサーリンク