競馬ニュース

2018年桜花賞レース回顧

アーモンドアイが優勝しましたが、返し馬で写ったアーモンドアイのケツッぷりが凄くて、もしかしたらもしかするかなと思いながらレースを見ていたんですが。。。

スポンサーリンク

桜花賞レース回顧

ペースは、スローに近いミドルで、ラッキーライラックも予想の位置取りで競馬をしての2着。もちろん勝ったアーモンドアイが強かったですが、

このペースで最後まで残したラッキーライラックも強かったと思います。

ラッキーの乗り方も「アレ」が理想で1枠であの乗り方以外だったら、結果も変わっていたと思います。

 

牡馬でも牝馬でも差し、追い込み馬の難しいところに「安定した切れ味」というのがあって、今回もまさに「それ」が判断をする際にポイントとなりましたが、ここでもしっかりと切れたアーモンドアイが強かったということですね。

 

3着には、リリーノーブルが入り、この辺は、枠順の差で3着に入れたかなと思っています。マウレアがこの辺の枠に入っていれば、着順も変わっていたかもしれません。今回のペースで先行よりの脚質なら、実績からいえば十分だったでしょう。

 

4着には、トーセンブレスが入り、ここも枠順の差で入った感じがします。トーセンブレスの場合は、逆に外枠だった場合、フィニフティと同じ着順だった可能性もありましたね。

個人的に注目した枠順でしたので、この結果には、満足しています。

 

結局は、堅い決着となりました。

個人的には、重賞3連敗と、なかなか、やからした感が半端ないですが、軸馬は、それなりの着秒で来ていますので、とりあえずは、良しとしています(笑)

データを見直してみると

データ分析についてですが、今回の結果をもとに見直してみると、データに当てはまらない結果となっている場合が3つほどありました。

この辺も次回の予想に役立てたいですね。

データもすべてを鵜呑みにするよりは、スポットを当てて使うほうがいいかもしれません。

先行馬の限界レースだった桜花賞

言っても限りなくスローに近いミドルですから、先行馬がもう少し残ってもよさそうですが、ここが桜花賞なのでしょう。

個人的にラッキーライラックは、完璧な騎乗をしていましたし、ロスなく回れていましたから2着は、残念だったとしても、強かったと思いますし、ある意味、完敗でしたね。

 

ただ、あのペースになると先行馬には、限界だったのかな?とも思ってしまう辺りが競馬の難しさを痛感させられます。

何度も言うようですが、アーモンドアイが強かった。ただ、それだけですね。

テレビに写ったルメール騎手のドヤ顔が、すべてを物語っていると思います(笑)

まとめ

アーモンドアイから1秒差以内の馬は、延べプリモシーンまでの9頭。例年の桜花賞に比べたら、力差が出た結果となりました。

この先、この9頭は、牝馬路線で中心になってくるでしょうね。

アーモンドアイがここで出せた脚をオークスでも出せるなら問題なく突き抜けそうですし、ダービーでも面白いと思います。

少し、ウオッカと重なりましたね。

 

この先、特に気なる馬を数頭上げるとしたら

スカーレットカラー

レッドサクヤ

マウレア

トーセンブレス

あたりですね。

 

来週は、皐月賞ですか。また、予想を楽しみたいと思います。