競馬ニュース

2018年大阪杯レース回顧

大阪杯優勝馬スワーブリチャードの騎乗は、シビレました。初めてじゃないかと言うくらいに競馬で感動しました。

あの乗り方は、Mデムーロにしか出来ないと言ってもいいでしょうし、G1の舞台で単勝1番人気であの乗り方で優勝出来るのもMデムーロしか出来ないような気がします。

とにかく、凄かったです。

 

枠順発表前の軸馬をバッサリと切った結果は?

枠順発表前の軸馬は、バッサリと切り、

枠順発表後に新たに軸馬として推奨したスワーブリチャードとアルアインを軸にペルシアンナイトを紐馬にと完全的中できました。

 

やはり、阪神2000mの1枠は、不利が多く狙えないのが、この大阪杯でも結果として出ましたので、この先も、このデータは使えそうです。

 

レースは、予測していた通り、スワーブリチャードが控える形になり、結果として1着になりました。

ただ、あのマクリは、今まであまり見たことがないマクリでしたから、かなりビビリましたが、1着に持ってくるんですからね~、凄いのひとこと。

アルアインは、スワーブリチャードに、あんな競馬をされたら、どうしようもない感じでしたが皐月賞馬の実力はしっかりと出し切れたのではないでしょうか?

で、

今回、レース結果で特に注目したのが、ヤマカツエースとミッキースワローですね。
 

スポンサーリンク

ヤマカツエースとミッキースワローが凄ったねって言う話

まずは、ミッキースワロー。

枠順前の軸馬で1枠に入ったために紐にすらいれなかった馬ですが、やはり、最後は伸びて来ていました。

位置取りが後ろすぎたのと、1枠の影響で、4コーナーから最後の直線は、大きく振られる形になっていました。

次走は、この馬の脚質に合う枠順に入れば、勝ち負け出来るんじゃないかなと思っています。

 

ヤマカツエースですが、この馬も着順以上に強かったです。

最後は、きっちりと上がってきましたし、最速33、7ですので、ペルシアンナイトとの位置取りの差で4着だったと思います。

地力の差があったにせよ、次走に繋がる競馬が出来たと思います。

 

この2頭共に1枠、2枠の内枠からのスタートでした。

阪神2000mの内枠は、黙って消しが利口かもしれませんね。

 

サトノダイヤモンドとシュヴァルグランの評価は?

たとえ叩き台だったとしても負けすぎ感が強かったシュヴァルグラン。

個人的には、枠順発表前の予想段階から消しで行ってましたから、なんてことないんですが、「ちょっと負けすぎとちゃうかなあ」と思ったので。

本番が天皇賞(春)だったとしても、「どこまで仕上げれるか?」なんですが、もう、厳しいかもしれませんね。

 

枠順発表前に軸馬にしていたサトノダイヤモンド。前半じゃ、良い位置につけていましたが、ペースが速くなる所で他馬に抜かれる形で12番手の位置取り。

なんかね、枠順が影響されたにせよ、少し覇気を感じられなかったように思うのと、騎手も、あんまりやる気がないように思えた。(そう見えたのよ)

あの位置取りまで我慢したのか?動けなかったのか?が解らないが、ちょっと疑問の残る騎乗でした。まあ、色々あると思うんだけどね。

 

まとめ

世代交代となった大阪杯でしたが、スワーブリチャードは、この先も安定した軸馬として活躍しそうですし、アルアインは、2000m中心を主戦場として結果を残していきそう。

ペルシアンナイトは、1600m~2000mの広いコースでの馬でしょう。

とにかく、コースバイアスにおける展開理論は、面白いのひとことに尽きるのと、

新設して間もないG1のデータの使い方は、「コースバイスがやはり使えるね」という感じです。

ちなみに勝ち馬から1秒差以内は、8着のトリオンフまで。中距離路線は、この辺りが中心になってくると思っています。