中山10R湾岸ステークスデータ解析2018政治的側面が多いのがこのクラスの特徴、だから馬券は見送ったほうが良い

1600万下(芝)2200m定量

このクラスは、行ったり来たりする馬が多いクラスですね。非根幹距離ですから、1800m、2200m、2600mで連対経験のある馬から入っていくのが予想をしやすいかと思います。

コース概要

直線の入り口がスタートで最初のコーナーまで距離があるのでテンの入りは速くなりにくい。

大きくわけて2種類の展開になりやすく、1つ目は、1頭が大きく逃げて縦長の展開になるパターン。もうひとつが1頭2馬身ほど逃げて2,3頭での先団、こちらも縦長の展開。

どちらの展開も向正面まで淡々と流れながら、下り坂から一気に競馬が動き出す。

この辺が馬券を買う側の最大の見どころで騎手にしたら腕の見せどころ。

ペースが落ちずにそのまま最後の直線に向かうことが多く、下りを使ったマクリが出やすく決まりやすい。

基本、先行馬が有利ですが、このクラスは差し馬有利な傾向が出ている。

枠順による有利不利

1800m以上の中山コースは、基本的に1枠2枠が不利で、馬券になりづらい。この距離でもその傾向は変わらない。

狙い枠としては、3枠4枠5枠6枠で、これは、先行馬も差し馬も変わらない。

位置取りの重要性

この距離のレースも位置取りが非常に重要で、その取り方も展開で有利性が異なってくる。

特に過去レースの中で多いのが、1頭2馬身ほど逃げて2,3頭での先団、こちらも縦長の展開で、この場合は、終始、6番手以内追走馬の活躍が目立ちます。

わかりやすい参考レースは2015年ですね。

先行抜け出しも

先行押しきり

差し馬も

基本は、外目を通ってがセオリー。

枠順による脚質傾向の入りを十分に考慮して、展開を読み切りたいですね。

まとめ

このクラスは、どこの競馬場でも、力関係がはっきりしない事が多く、コースバイアスで出した軸馬が凡走することも珍しくありません。

理由は、色々とあります。

馬の成長過程の差

1000万、1500万クラスを往復する馬の集合レース

政治的側面

など、理由は、さまざまです。

ただ、1000万と1600万の壁はさほど高くないのも見ていて感じています。

例えば、往復をしていない馬で人気馬の場合は、あっさりと勝ってしまいがちです。重賞クラスで連対を外して、自己条件で出走してきた馬とかは、信用出来るでしょうね。

また、1000万、1600万を何度が連対をしながら、上から順番待ちで勝ち上がっていくパターンも信用出来やすいです。

結局は、そこまで強くない、まだ、本格化していない馬をこの辺のクラスで慣れさせ、熟成するまで待つ厩舎もいますし、

クラスが上がれば、勝てなくて賞金面でマイナスになるなら、1000万で、、、みたいなことも無いことも無いと思います。

結局は、厩舎や馬主さんたちの腹次第かなと。

個人的には、馬としゃべれない以上、こういったクラスのレースは、見送りが多いのも本音です。わからないですからね、本気度が。

ちなみに山田雅人さんは、馬としゃべれるって以前、テレビでおっしゃっていましたが(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする