データ解析

【函館スプリントステークス過去10年データ解析】推奨馬は、巻き返して当然の前走大敗した実績馬

函館競馬場G3 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

 

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝3,940円180円1,263円
複勝1,820円110円498円
枠連8,310円310円2,901円
馬連27,340円330円8,294円
ワイド21,460円170円3,133円
馬単63,720円1,330円16,608円
3連複200,320円950円44,162円
3連単944,140円4,260円278,310円

マーメイドSと同様に荒れやすい函館スプリントSです。こちらはどちらかと言うと、平場オープンやG2以上で結果の出なかった馬たちによるレースですね。

また、荒れるとは言いつつも、過去10年、単勝1番人気~6番人気までのどれか1頭は必ず連対していますので、過度な人気薄決着を想定するよりは、あくまで上位6頭から馬券を組み立てていくのが良いでしょうね。

この辺の夏競馬に関しては

【夏競馬対策2018重賞レース版】初めから荒れるレースだと決めつけると痛い目をみるかもしれない夏競馬

で、詳しく解説していますので参考にして見てください。

スポンサーリンク

全体的な特徴

①牝馬の活躍が目立つレース

②過去10年だけで見ても牝馬の成績は[5-1-5]の好成績

夏は牝馬と言われるほど、このレースでもその牝馬の活躍が際立っています。過去10年だけでも[5-1-5]と非常に好成績で過去10年、牝馬が馬券にならなかった年は2回のみという結果。

なかでも3歳4歳牝馬の活躍に加えて、上位5番人気以内馬になると更に好走率が上がって来ています。

コース概要

 

直線一気の追い込み馬は馬券になりにくい。相当なハイペースにならない限り、届かない競馬となりやすい。小回りコースということもあり先行~差し馬の活躍が目立つ。特に5番~9番あたりの好位中団で脚を残せる馬の活躍が目立つ。

登録馬

アドマイヤゴッド56.0
エポワス 57.0
キングハート 56.0
ジューヌエコール54.0
セイウンコウセイ57.0
ダイアナヘイロー55.0
タマモブリリアン54.0
ティーハーフ 57.0
ナックビーナス 54.0
ノットフォーマル54.0
ノボバカラ 57.0
ヒルノデイバロー56.0
ユキノアイオロス56.0
ライトフェアリー54.0
ラインスピリット57.0
ラインミーティア56.0
ワンスインナムーン54.0

スポンサーリンク

過去、重賞レースで1着馬

エポワス 57.0
キングハート 56.0
ジューヌエコール54.0
セイウンコウセイ57.0
ダイアナヘイロー55.0
ティーハーフ 57.0
ナックビーナス 54.0
ノットフォーマル54.0
ノボバカラ 57.0
ラインミーティア56.0

函館・札幌コースで連対経験

エポワス 57.0
キングハート 56.0
ジューヌエコール54.0
ティーハーフ 57.0
ノットフォーマル54.0
ラインミーティア56.0

函館・札幌コース、重賞勝ち馬

エポワス 57.0
ジューヌエコール54.0
ティーハーフ 57.0

まとめと推奨馬

前走、G1大敗組でも普通に馬券になることが多い函館スプリントS。特に函館、札幌で実績のある馬の巻き返しが多いレースです。

そうなれば、この馬⇒競馬人気ブログランキング(現在70位前後です)

「牝馬✕洋芝適正◎✕先行」となれば連覇をしてもおかしくない存在です。1600mG2でも優勝経験があるようにスタミナのいる洋芝には適正があると思いますし、昨年の優勝馬ですから、巻き返して当然だと思います。

今回もそこまで人気にならないと思いますので、かなり面白い存在になると思います。