【オークス2018データ解析】知らないと損する脚質と枠順の深い関係

過去10年、2015年を除いて、桜花賞1着2着かフローラSの1着2着が連対しています。そこに新鋭勢の忘れな賞組がちょい絡みをしています。

桜花賞馬アーモンドアイの異次元の走りがオークスでも炸裂するかどうかで、というか、桜花賞では、ムチが1発も入っていないかったように思いますので、そもそもの力が突起しているかもしれません。ですので、ペースどうこうはまったく関係無く、ひと昔前で言う、シャドーロールの怪物ナリタブライアンならぬ、シャドーロールの乙姫かもしれませんね(上手く言ったつもりw)

個人的には、G1出走メンバーにさほどの能力差は無いと言う考えの元、勝ち馬から1秒差以内の負け組み馬でも勝負になると思っていますので、こういった規格外の馬が現れると、やりづらい面もありますが逆に2頭軸が冴える可能性もあります。

競馬には絶対がないので。。。

スポンサーリンク

コース概要

(出典:http://www.jra.go.jp/)

とにかく広いコースで各馬の力が発揮されやすいレースなだけにコースバイアスも取り入れやすいコース。スタートは、最後の坂を上った付近。最初のコーナーまで直線が長くテンの入りはそこまで速くない。最後は直線の追い比べとなるが、不利になりやすい進路もあるため、騎手の手腕も問われる。基本的には、差し、追い込み馬が優勢ですが、最後の直線で上手く馬群を捌ければ、先行~中団の抜け出しも可能となっています。

各道中による位置取りの有利不利

(出典:http://www.jra.go.jp/)

オークスは、スタートして青で囲った最初のコーナーまでに隊列がほぼ決まり、黄色で囲った3コーナー手前まで、その隊列が続きやすい。また赤枠から黄色枠までが非常に長い隊列になる。

スタート 最初のコーナーまでに隊列がほぼ決まってしまうため、外枠を引いた先行馬は、スタートダッシュの得意な馬以外は厳しい選択肢が待っている。横隊列5番手以上のロスを覚悟しながら先行を取るか、差し、追い込み等への脚質チェンジかを選択しなければならない。仮にスタートダッシュが得意な馬であっても、それだけ最初に脚を使ってしまうため、不利となってしまう。過去10年、7枠8枠逃げ先行で馬券になったのはわずかに3頭のみという結果も頷けると思います。

1枠2枠に先行馬が揃えば、基本的な展開が読みやすくなるが、差し、追い込み馬が揃うと読みづらくなってくる。

オークス最大のロス(不利)ポイントは、最後直線の追い比べにあります。ペースが上がってくる黄色枠辺りから馬群がグッと縮まり、そのまま4コーナーから直線を向きますが、この時、馬群は、ある程度、横にバラけますが、ある程度しかバラけません。しっかりとバラけだすのは(進路を見つけやすいのは)坂を上った辺りからです。直線入り口付近ではバラけません。先に坂道を駆け上がった先行勢の脚が止まった複数頭によって前が壁になり失速するロスが発生しやすいです。

横隊列で言うと、ちょうど真ん中辺りがロスポジションです。

過去10年3ハロン上がり最速馬が3着内率100%となっています。そのほとんどが12番手~15番手以内から直線に向いています。また、枠順は、5枠より外枠の馬が多く、これも先に話した「最初のコーナーまでに隊列がほぼ決まってしまうため」とう理由の証拠になっているかと思います。

差し、追い込み馬が外枠を引いた場合「必然と、外、外を回される可能性が高く、そのまま最後の直線まで流れてしまう」ということ。もしくは、それしか走れる選択肢が無いということになると思います。

過去のパトロールビデオを見てもらうとわかりますが、スタートしてからの横隊列が非常に長いです。これはオークスだけに限ったことではないですが、この時にスッと好位を取れるか取れないかだけでも相当の有利不利があります。

若駒牝馬による長距離戦線です。出来る限り好位を取れる脚質による枠順を引いた馬を狙いたいですね。

スポンサーリンク

枠順による有利不利

オークスは、スタートをして最初のコーナーまでに勝敗を分けることになる位置取りのすべてをお伝えしましたが、次に枠順ですね。

枠順は、脚質でガラッと変わってきますので一概に「この枠が良い」とは言いづらいですが、先行馬であれば、1枠~5枠が有利になり、差し、追い込み馬であれば7枠8枠が有利です。

以下、過去10年の枠順による結果です。

過去10年(2008年~2017年)

  • 1枠 1ー1ー1
  • 2枠 3ー1ー1
  • 3枠 0ー1ー2
  • 4枠 1ー0ー0
  • 5枠 2ー2ー1
  • 6枠 0ー0ー1
  • 7枠 2ー3ー2
  • 8枠 1ー2ー2

7枠8枠に差し、追い込み馬が入れば◎

1枠~5枠に先行馬が入れば◎

その脚質によって枠順の有利不利が異なってきます。

馬体重

競馬予想に不可欠な馬体重です。各馬の増減は確かに注目すべきポイントですが、1番注目すべきポイントは1番走っている馬体幅です。

過去10年、連対している馬の体重は、484キロまでとなっています。

長い間、この馬体重の馬体幅の偏りについての根拠を考えてきましたが、正直、わかっていません。ただ、G1においては、この馬体重の幅が非常に重要になっていますので、予想の参考にしてみてください。

根拠の無いデータを載せて申し訳ないですが、これも重要なロジックとなっていますので掲載しています。

ちなみに、データについてですが、そのほとんどに根拠があります。この根拠を集約している過去10年のデータを参考にしています。

仮登録馬の中で前走を480キロ以上で出走した馬は、ゴージャスランチ、ラッキーライラック、ランドネ、リリーノーブルとなっています。

特に、この4頭は、当日の馬体重をチェックする必要があります。

前走別の有利不利

前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース成績勝率連対率3着内率
桜花賞8-5-5-659.6%15.7%21.7%
忘れな草賞2-0-0-918.2%18.2%18.2%
フローラS1-4-4-332.4%11.9%21.4%
その他のレース0-0-1-410%0%2.4%

過去10年、2015年を除いて、桜花賞の1着2着かフローラSの1着2着馬のどれかが連対しています。

この辺は、データのままを使うのがベストだと思いますが、桜花賞のアーモンドアイとラッキーライラック、フローラSのサトノワルキューレとパイオニアバイオの力関係をしっかりと見極める必要がありますね。

馬券の組み立て方

馬連を前提とした馬券の組み立て方として、2種類あります。

①アーモンドアイ軸から

②アーモンドアイの紐馬を2頭選び、その紐馬から馬連へ

競馬に絶対が無いとは言え、絶対にアーモンドアイが連対しないとも言えないのが競馬。単純にアーモンドアイから数点流すのも良いですが、万が一、アーモンドアイが3着までを想定すると、

アーモンドアイ⇒2点~3点

2点~3点⇒4点

最大で15点。

メリット ⇒ アーモンドアイが飛んでも他でカバーしやすく、尚且、高配当が望める

デメリット⇒ あえて書きません(笑)

桜花賞組&フローラS組で行くと、

アーモンドアイ⇒サトノワルキューレ、ラッキーライラック、パイオニアバイオ

サトノワルキューレ、ラッキーライラック、パイオニアバイオ⇒4点

簡単に言えば、こんな感じでしょうか。

個人的には、こんな感じの変速的な買い目になる可能性も十分にありますよって言う話しでした。

まとめと穴馬推奨馬

オークスは、枠順に入った脚質でガラッとその内容が変わるレースで、この枠順と脚質からなる有利性と展開を読めれば、さほど難しくないと思います。

ただ、今回は、すべてを度返しして一気の追い込みをしてくるアーモンドアイがいますので、2着以下を探す予想になりそうです。

枠順が決まる前に気になっている馬がいまして、前走の抜け出し方がオークスで合いそうだなと思っている馬です。また、上位人気しそうな馬たちと決着も付いていませんので、ここは面白いかと思います。

この馬が2枠か5枠に入れば、間違いなく軸馬候補になります。

穴軸馬候補⇒ 最強人気ブログランキング(現在40位前後です)

2018年5月19日(土)3回京都9日目 オープンG3ダート1900m ダート1900m重賞は、ここ京都のみ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする