データ解析

【ヴィクトリアマイル2018注目馬】マイル馬券率100%リスグラシューは絶対的軸馬になるのかを考えてみます

前走の阪神牝馬Sは、追い込んで来て届かずの3着。2走前の東京新聞杯は、きっちりと追い込んで 1着。前者は、距離が短い分、届かなかったのかどうか。

これまで12戦して来て1秒差以上で1度も負けた事がない超堅実、超安定、超馬主孝行馬です。また、馬券にならなかったのも2回だけという強さ。12戦3勝[3-4-3-2]

この記事では、このリスグラシューがヴィクトリアマイルで絶対的軸馬になるかどうかを探っていきたいと思います。

にしても、強いね~。

スポンサーリンク


 

適正距離

1000m~1300m0-0-0-0
1400m~1600m2-3-2-0
1700m~2000m1-1-1-0
2100m~2400m0-0-0-2

 

1400m~2000mが守備範囲ですね。個人的には、1200mでも普通に馬券になりそうな感じには見えます。また1F、2F伸びても成績を残せていますから、スタミナがいつも以上に消耗しやすい東京マイルでも大丈夫でしょうね。

っていうか、1400m~1600mは馬券率100%なんですね(笑)しかも7戦もして。

 

3ハロン最速上がり

2016年新潟競馬場 新馬戦 1番人気2着 33秒

新馬戦が上がり最速ですか。。。

これをどう読み取るかですよね?たまたま時計の出る馬場だったのか?単純に能力なのか?この次に良かった上がりが前走の33、3秒です。

 

3ハロン上位3位以内上がり回数

12戦中9回

東京コース 3回中1回

阪神コース 6回中5回

京都コース 2回中2回

アドマイヤリードと同じく、東京コースはそこまで切れる脚を使っているわけではありませんね。どちらかと言えば、阪神コースで切れ味が炸裂している形です。

ただし、東京コース3回の内、オークスを除く2回は、重賞レースで共に1着となっています。これもアドマイヤリードと似ていますね(ニヤリ)

 

馬場状態

芝・良3-2-3-2
芝・稍重0-1-0-0
芝・重0-1-0-0

稍重と重の出走回数が少ないので何とも言えませんが、稍重が桜花賞出走で2着。重が秋華賞出走で2着と、G1で好走しているところを見れば、雨はむしろ歓迎というか、ぜんぜん大丈夫っぽいですね。ほんと、この馬、強いわ。

スポンサーリンク


 

放牧明け

1ー0ー1

新馬戦も合わせると問題なくレースが出来ていて、結果もしっかりと残せていますね。

3歳時のオークスが3戦目で5着と惜敗となっていますが距離の問題もあったかと思いますので、このヴィクトリアマイルは大丈夫だと思います。

 

脚質

逃げ0-0-0-0
先行2-0-0-0
差し1-3-3-2
追い込み0-1-0-0

差し届かずの2回は、オークスとエリザベス女王杯でのもの。先行は、未勝利戦とアルテミスSでのもの。その時の3ハロン上がりが1位と3位。

基本的に差し馬ですが、先行でも結果を残していますから、無理に後ろに控えなくても良さそう。そうなると枠順に入ったなりの競馬が出来ますね。

 

枠順別成績

10-0-0-0
20-0-0-0
31-1-3-1
41-1-0-0
50-0-0-0
60-0-0-0
70-1-0-1
81-1-0-0

あまり良くない1枠2枠で出走経験のないリスグラシューが万が一、その枠に入った場合は、3枠、4枠、8枠の脚質を見ながら、割り引くか胸を張るかを決めないといけませんね。個人的には、どこからでも競馬が出来ると思っています。また、3枠に入れば、リスグラシュー自身も得意でヴィクトリアマイル的にも有利な枠順になりますので3枠にさえ入れば、軸馬確定になるでしょう。

 

レース間隔

連闘0-0-0-0
中1週1-0-0-0
中2週0-0-0-0
中3週0-1-0-1
中4週0-0-0-0
中5週~中9週1-2-1-1
中10週~中25週1-0-2-0

今回、初の中4週での出走です。この辺は、走ってみないとわからない部分が多いですので何とも言えませんが、過去のヴィクトリアマイルのローテーションから見れば、問題ないかもしれませんね。

 

前走レース 阪神牝馬S3着 1番人気

ミスパンテールが作った超スローペースで先行有利の中、最後の最後に飛んで来たリスグラシュー。あの展開で良く馬券になったなあと言う印象で、アドマイヤリードが斜行での不利があったからこそかもしれませんが、それにしても負けて強しの内容でした。ヴィクトリアマイルは、例年、そこまでのハイペースになりくく、後ろすぎると連に届かないレースです。阪神牝馬Sだけを見ると心配ですが、東京新聞杯で見せたような、スローペースでもきっちりと差す競馬が出来るかが鍵になってくると思います。そう考えたら、3枠を引くより、先行に着けないといけない1枠2枠のほうが良いかも知れませんね。

 

まとめ

12戦3勝[3-4-3-2]この成績を残しながら、単勝1番人気に支持されたのが3回のみ。そしてその3回中3回が馬券になっています。

とにかく強いし安定間あるし、ボコ負けしないから軸馬には最適なんですけどね。脚質も問題ないですし、広い東京コースですから、多少不利があっても挽回する力もあると思いますし、出来るでしょう。

マイラー基質でありながら2000mまでが守備範囲はまさに安定そのものですね。

前走の阪神牝馬Sが3着と言う結果を展開が合わなかった3着と見るのか?ある種のクセ的な3着とみるのか?この辺が予想の分かれ道になるでしょう。

ただ、1600mは、100%馬券になっていますから無理に軽視も出来ません。というか、変に穴馬を狙うような色気を馬券を買う側が見せなければ、この馬の絶対的安定軸馬は、そうとう高い確率だと思います。