データ解析

【神戸新聞杯2018データ解析注目馬】上がり3Fよりも重要な力関係

神戸新聞杯2018のデータ解析や、予想オッズ、予定出走馬を中心に、予想注目馬を紹介します。今年の神戸新聞杯はデータの見方、入り方によって軸馬も変わってくるデータ結果となっているだけに、どのデータを主軸にするか?これが的中の分かれ目になりそうです。

スポンサーリンク


有料予想会員の募集のお知らせ

有料予想会員の募集のお知らせ

有料予想会員案内ページはこちらです⇒【有料会員版】資金の少ない奴ほど馬連で攻めろ!

神戸新聞杯2018 出走予定馬

アドマイヤアルバ56.0
エタリオウ56.0
エポカドーロ56.0
ゴーフォザサミット56.0
ステイフーリッシュ56.0
タイムフライヤー56.0
ダブルシャープ56.0
ハーベストムーン56.0
ビッグスモーキー56.0
メイショウテッコン56.0
ワグネリアン56.0

神戸新聞杯2018 予想オッズ

1エポカドーロ2.1
2ワグネリアン2.8
3エタリオウ4.4
4ステイフーリッシュ12.5
5メイショウテッコン16.6
6ゴーフォザサミット16.9
7アドマイヤアルバ24.1
8タイムフライヤー28.9
9ダブルシャープ139.7
10ビッグスモーキー239.4
11ハーベストムーン335.2

神戸新聞杯2018 展望&コース解析

優先出走権馬3頭が決まり、残りの3つを争う形ですが、今回のメンバーを見る限り、何がなんでも出走権を取らないといけないといった色気を出している厩舎も見当たらず、神戸新聞杯の予想オッズ上位馬は、出走が出来る計算が立ちますね。また、1冠を分け合ったワグネリアンとエポカドーロに至っては、ここを何がなんでも勝たないといけない『変なプライド』もないでしょうから、どこまで仕上げて来るのか?この辺も注目ですね。

11頭立てとで、各馬の力関係が決まっているようなメンバー構成。予想オッズを見ても、ダービー最先着順のオッズ構成となっていますから『そこまで勘ぐる必要も無い』のかなと思いながら上がり3F最速馬を狙うことがひとつのセオリーとなっていますが、そこばかり気にしていたら、取れるものも獲れないような気がしてなりません

今年は、強力な先行馬エポカドーロに加え、逃げ先行で結果を出してきた数頭が出走しますので『意外と差し、追い込み馬は届かない』状況になる可能性が大きかなと。特にエポカドーロは前に逃げ馬を置いてレースを進めるほうが良いタイプに見えますし、逃げれば、抜群のラップでレースの主導権を握れます。

ですので、今回のレースは単純に上がり3F最速馬になるであろう馬を見つけるよりは『エポカドーロと一緒になって追い比べが出来るような先行馬』を見つける作業をしたほうが得策かなと思っています。

先週のセントライト記念でも、皐月賞を先行して粘ったジェネラーレウーノが1着となったように、皐月賞組の先行勢は『レベルが高い』と見ることが出来ますので、個人的には、上がり最速馬が2着3着にやっと食い込めるようなレース展開かなと考えています。

あまり、差し追い込みを意識しすぎない。これが今年の神戸新聞杯の予想のポイントかなと考えています。

スポンサーリンク


神戸新聞杯2018 過去10年データ

今回はnavi-keiba.comさんのデータを参考にさせて頂いています。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-0-2-10 7.7% 23.1%
2枠 0-0-2-14 0.0% 12.5%
3枠 2-1-0-15 11.1% 16.7%
4枠 1-2-0-15 5.6% 16.7%
5枠 3-3-1-13 15.0% 35.0%
6枠 1-1-2-15 5.3% 21.1%
7枠 0-1-2-19 0.0% 13.6%
8枠 2-2-1-17 9.1% 22.7%

脚質の傾向

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 1-1-1-8 9.1% 27.3%
先行 2-0-2-30 5.9% 11.8%
差し 6-7-4-42 10.2% 28.8%
追込 0-2-3-38 0.0% 11.6%
マクリ 1-0-0-1 50.0% 50.0%

所属別傾向

美浦 1-0-0-6
栗東 9-10-10-112
地方 0-0-0-0
海外 0-0-0-0

馬体重別

~439[0-0-0-5]
440-459 [0-0-2-20]
460-479 [5-2-2-32]
480-499 [2-5-4-35]
500-519 [3-2-2-19]
520~ [0-1-0-7]

前走ダービー

1着(4-1-0-0)
2着(3-2-0-1)
3着以下(1-3-3-26)

 

日本ダービーのエポカドーロを捕まえれたのはワグネリアンだけ。クラシック戦線も、ここまで来ると上がり馬の台頭は考えにくく、台頭があるとすれば本番の菊花賞のみ。とにかく11頭立てという少頭数が物語っているように展開面で左右されるほどのメンバー構成ではないかなと。もしくは、展開は先行勢有利が妥当である以上、軸はエポカドーロで間違いないなと考えています。

しかし、個人的にもっと狙いたい馬がいて、その馬は『マクることが出来る馬』なんですよね。スローペースを嫌って、マクってから先行差し切り勝ちなんてことも良くやるあの騎手の馬。枠順次第では、その馬が対抗です。

スポンサーリンク

オールカマー2018予想注目馬

あわせて読みたい
【オールカマー2018予想注目馬分析評価】ひと叩きされた上積みはデカイはずのダンビュライトオールカマー2018の過去10年データ解析を中心に登録馬や予想オッズを紹介。昨年のダービー馬レイデオロの始動や、同世代のダンビュライトに...

ランキングアップへのお願い

現在、最強競馬ブログランキングと人気競馬ブログランキングに参加しており、推奨馬や予想馬をご覧いただく場合は下記の各ランキングをクリックしていただくと推奨馬や予想馬が確認出来るようになっています。馬名は各ランキングのサイトタイトル近くに掲載しています。

最強競馬ブログランキングへ

競馬人気ブログランキングへ

また、1日1回の応援クリックもお願いしております。ランキングが上がると記事を更新する際の励みになります。

よろしくお願い致します。

当サイト発行の無料メールマガジンのお知らせ

 

不定期の配信となりますが、現在『まぐまぐ』のメール配信サービスを利用して無料メールマガジン「【展開理論競馬】資金の少ない奴ほど馬連だ」を運営配信をしております。

登録はこちらから⇒【展開理論競馬】資金の少ない奴ほど馬連だ

今、ご覧になっているサイトで公開していない注目馬や推奨馬、読者限定プレゼントPDFの配布(直DL)、展開理論の説明や解説などを紹介しています。

9月16日の無料メルマガ限定予想「ラジオ日本賞」ではワイド1点予想で的中!しています!

完全に無料となっておりますのでこの機会に是非登録をしてくださいね。

登録はこちらから⇒【展開理論競馬】資金の少ない奴ほど馬連だ

また、無料メールマガジンは、わたしから代理登録や配信解除ができないシステムとなっています。登録や配信解除の場合もご自身の手続きでお願い致します。