データ解析

【フローラステークス2018データ解析】

2018年4月22日(日) 2回東京2日目(国)牝(指)
サンスポ賞フローラS(G2)芝2000m
(オークストライアル1着2着)

 

オークストライアルレースとして昨年までは、1~3着馬に出走権が与えられていましたが2108年から1着、2着までとなりました。

昨年は、モズカッチャンの激走により高配当となったように、例年、荒れる傾向の強いレースです。ただし、絶対的存在馬がいる場合は、堅い決着になりやすく、その辺の予測が難しいレースでもあります。

スポンサーリンク

コース概要

1コーナー奥にあるスタート地点がスタート。
2コーナーまでの距離が短いため、そこまでテンの入りは速くなりにくい分、外枠が若干不利で、なおかつ、外めを通らされる分、距離のロスが大きい。

向正面半ばに上り坂があり、そこから3コーナーにかけて下り。
直線は約520mですぐに坂を駆け上り、その後約300mはほぼ平坦。

坂を上った後に、ゴール前でもう一度末脚を伸ばすことが求められるタフなコース。
レース前半を器用に立ち回ることができて、直線でより速い末脚を発揮する能力、タフなコースを押し切るだけの体力を持つ馬が好走しやすい。

下位クラスになれば、スローペースの前残りなども馬券になるが、このクラスになると、差し、追い込み馬の活躍が目立つ。

枠順による有利不利

過去10年(2008年~2017年)

  • 1枠 2ー1ー1
  • 2枠 0ー1ー0
  • 3枠 2ー3ー4
  • 4枠 2ー1ー0
  • 5枠 0ー2ー0
  • 6枠 1ー1ー0
  • 7枠 0ー0ー4
  • 8枠 3ー0ー1

3枠>8枠>1枠>4枠>7枠>6枠5枠>2枠

3枠が好調。スタートして、すぐにコーナーがあるため、やはりここでは、内枠が有利。そのまま、スムーズに進められる先行馬が3枠好走馬として目立った。

 

脚質による有利不利

過去10年の結果を参考(2008年~2018年)

最終コーナー入り口地点の位置取り

  • 1番手追走       0ー2ー0
  • 2番手追走       1ー2ー2
  • 3番手追走~5番手追走 0ー3ー1
  • 6番手追走~9番手追走 3ー2ー2
  • 10番手以下追走    2ー0ー2

基本的には、先行~差し馬を中心に予想をしていくのが無難でしょうか。

大きなポイントとして、

先行馬同士の決着

差し馬同士の決着

差し追い込み決着

というような形が多く見られました。

 

人気傾向 単勝人気別着順

過去10年の結果を参考(2008年~2018年)

単勝人気別着順

  • 1番人気  4ー1ー0
  • 2番人気  2ー3ー2
  • 3番人気  1ー1ー2
  • 4番人気  1ー1ー1
  • 5番人気  0ー0ー0
  • 6番人気  0ー2ー0
  • 7番人気  0ー0-0
  • 8番人気  0ー0ー1
  • 9番人気  1ー0ー1
  • 10番人気 0ー1ー1
  • 11番人気 0ー0ー0
  • 12番人気 1ー0ー0
  • 13番人気 0ー0ー2
  • 14番人気 0ー0ー0
  • 15番人気 0ー1ー0
  • 16番人気 0ー0ー1
  • 17番人気 0ー0ー0
  • 18番人気 0ー0ー1

基本は、1、2番人気を軸にしながら、紐で穴馬を狙う程度がベスト。

大荒れする場合は、目も当てられない人気薄が台頭するため、なかなか軸にするのは難しい。

要チェックデータ

過去2走の距離と着順も重要

過去10年の優勝馬10頭の過去2走の距離と着順を調べると、いずれも過去2走で芝1600メートル以上のレースに出走し、最低1度の連対を含め、2走とも4着以内に入っていた。今年の出走馬にもそのような馬がいるかどうか、過去2走の距離と着順はチェックしておきたい。

(出典:http://www.jra.go.jp)

<該当馬>

アストラサンタン

ウスベニノキミ

オハナ

サトノワルキューレ

サラキア

センテリュオ

ディアジラソル

ノームコア

パイオニアバイオ

レーツェル

ヴェロニカグレース

 

初勝利時の2着馬とのタイム差に注目

過去10年の優勝馬10頭は全て、初勝利時の2着馬とのタイム差が「0秒2~0秒4」差だった。また、「0秒2~0秒4」組は連対率でも20.3%と、その他のグループの数値を大きく上回っている。

(出典:http://www.jra.go.jp)

<該当馬>

オハナ

サラキア

パイオニアバイオ

レーツェル

ヴェロニカグレース

 

まとめと軸馬候補&穴馬候補

今回は、絶対的軸馬が見当たらない以上は、荒れる可能性も高くなりそうな予感。

そして何より、フローラステークスで出走権を獲った馬がオークスへ向かった際の成績が良くないことから、ここで最高の仕上げをしてくる陣営を多角面から予測して狙って行きたい。

 

軸馬候補⇒ 最強競馬ブログランキング ノームコア

穴馬候補⇒ 競馬ブログランキング パイオニアバイオ