データ解析

【青葉賞2018データ解析】それっぽい人気馬は危ないよね!っていうデータ解析

2018年4月28日(土) 2回東京3日目
テレビ東京杯青葉賞(G2)芝2400m
(ダービートライアル)オープン(国)(指)馬齢

弥生賞VSスプリングVS特別500万の構図で、どのレースからでも勝ち馬が出ているレースです。特に近年は、特別からの馬券率が高く、重賞組は少々分が悪い成績。

この記事では、特に2000m以上で最速上がりを経験をしている馬や、好位で切れる馬などを中心に探っていきます。

スポンサーリンク

特別登録馬

エタリオウ 牡3
オブセッション 牡3
カフジバンガード 牡3
クレディブル 牡3
ゴーフォザサミット 牡3
サトノソルタス 牡3
シルヴァンシャー 牡3
スズカテイオー 牡3
スーパーフェザー 牡3
ダノンマジェスティ 牡3
ダブルフラット 牡3
テトラルキア 牡3
ディープインラヴ 牡3
トラストケンシン 牡3
ノストラダムス 牡3
マイネルサリューエ 牡3
ミッキーポジション 牡3
モンテグロッソ 牡3
ユウセイフラッシュ 牡3

コース概要

JRA競馬場コースの中で1番、各馬の実力が出しやすいコースでスピード、スタミナの両方を兼ね備えてなければ勝ちにくいコース。

ダービーはもとより、オークス、ジャパンカップなどのG1最高レースに分類されるレースが多いのが特徴。

スタート地点は、スタンド前直線中程よりやや後ろ。最初のコーナーまでは約350mだが、そこまでテンの入りは速くない。

各馬のペースが上がるのは、4コーナーを回ってから。ここで早めに仕掛けると脚が上がってしまう恐れがあり、騎手の仕掛けるタイミングが勝敗に左右することも多い。

枠順による有利不利

過去10年(2008年~2017年)

  • 1枠 1ー2ー0
  • 2枠 1ー2ー0
  • 3枠 2ー1ー1
  • 4枠 2ー1ー1
  • 5枠 1ー1ー3
  • 6枠 1ー2ー0
  • 7枠 1ー1ー2
  • 8枠 1ー0ー3

過去10年を見る限り、枠順による有利不利は、そこまで見当たらない。各馬の能力がそのまま馬券に反映される形でしょうか。

脚質による有利不利

過去10年の結果を参考(2008年~2018年)

最終コーナー入り口地点の位置取り

  • 1番手追走       0ー1ー0
  • 2番手追走       0ー0ー0
  • 3番手追走~5番手追走 4ー4ー1
  • 6番手追走~9番手追走 4ー3ー5
  • 10番手以下追走    2ー2ー4

逃げ、番手追走は厳しいコース。逃げ馬で馬券になったのは、2013年アポロソニックのみ。他は、先行~追い込みと、上がり競馬主体のコースとなっている。

また、マクって馬券になっているのは、昨年の1着馬アドミラルブくらいで、能力の高い馬でなければ、馬券になりにくい。ちなみにアドミラルブのダービーでの成績は3着だった。

スポンサーリンク

馬券になった各馬の前走レース

近年では、アザレア賞勝ち馬が3連勝と好調だが、その上を行く大寒桜賞勝ち馬も2013年以降2着3回、3着2回と好走をしている。

また、アザレア賞勝ち馬、大寒桜賞勝ち馬の単勝人気が1番人気か2番人気での1着が多い。

弥生賞、スプリングS、毎日杯組は、そこまでの成績は残せていないのも注目のデータ。

 

アザレア賞組  スーパーフェザー

大寒桜賞組   ダノンマジェスティ

弥生賞組    オブセッション トラストケンシン

スプリングS組 カフジバンガード ゴーフォザサミット

毎日杯組    ノストラダムス

 

人気傾向

過去10年の結果を参考(2008年~2018年)

単勝人気別着順

  • 1番人気  5ー1ー2
  • 2番人気  1ー1ー1
  • 3番人気  0ー0ー1
  • 4番人気  1ー3ー1
  • 5番人気  0ー1ー1
  • 6番人気  1ー0ー2
  • 7番人気  1ー2-0
  • 8番人気  0ー0ー1
  • 9番人気  0ー1ー0
  • 10番人気 1ー0ー0
  • 11番人気 0ー0ー0
  • 12番人気 1ー0ー0
  • 13番人気 0ー0ー1
  • 14番人気 0ー0ー0
  • 15番人気 0ー0ー0
  • 16番人気 0ー0ー0
  • 17番人気 0ー0ー0
  • 18番人気 0ー0ー0

1番人気の信用度が高く、順調に使われて来た馬なら軸にしてもよさそう。

人気薄を拾うにしても、7番人気くらいまでが馬券圏内。

要チェックデータ



過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、前走の上がり3ハロンタイムの順位が「3位以内」だった。

カフジバンガード

クレディブル

ゴーフォザサミット

サトノソルタス

シルバンシャー

スズカテイオー

スーパーフェザー

ダノンマジェスティ

ダブルフラット

ディープインラブ

トラストケンシン

ノストラダムス

モンテグロッソ

コウセイフラッシュ

過去6年の3着以内馬18頭中15頭はJRAの2200メートル以上のレースにおいて連対経験のある馬だった。該当馬は3着内率も37.5%に達している。

エタリオウ

スーパーフェザー

ダノンマジェスティ

ダブルフラット

ディープインラブ

トラストケンシン

ノストラダムス

 

軸馬候補と穴馬候補

サトノソルタスもオブセッションも強いだろうが、軸馬として、もう1頭気になる馬がね。騎手に一抹の不安を感じるが、この成績でこのパフォーマンスならあっさりもある。

青葉賞のような長距離を若駒達が走るとなれば折り合い面が1番気になる所。その点、2200mを3ハロン最速上がりの1着で走れた経験はかなりデカイと思う。

 

軸馬候補⇒ 最強競馬ブログランキング (現在35位前後です)

 

 

正直な所、馬券になりそうな穴馬っぽい馬が多すぎて、現段階では、絞りきれていない状況ですが、

シルヴァンシャー

スズカテイオー

ディープインラブ

カフジバンガード

クレディブル

この5頭からとりあえずの1頭を推奨するなら

穴馬候補⇒ 中央競馬ブログランキング (64位前後です)

 

この馬自体、そんなに強いイメージは無いけど、先行させたら、全体の上がりの中で2位か3位くらいでまとめてきそうなイメージ。勝ち切るまではいかないにしろ、このメンバーなら馬券もあっておかしくないと考えている。

出走して来たら紐に一考。